読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hakuと愉快な仲間たち(別館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 引退馬→ゼロレボルシオン/アカラ 13年産(現3歳世代)→ベイビーティンク/ゼロカラノキセキ/ルックオブラヴ 14年産(現2歳世代)→ディメンシオン(ミスペンバリー 14)/クレッシェンドラヴ(ハイアーラヴ 14)/ブライトメモリー(マジェスティックブライト 14) 15年産(現1歳世代)→ベイビーローズ 15/ハイアーラヴ 15/スイートマカロン 15 【本館】http://blogs.yahoo.co.jp/rlgdda

出資馬近況(3/16) ゼロカラノキセキ、ここからどこへ?

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ゼロカラノキセキ
 
17.03.16
 
美浦トレセン在厩。昨日までは運動のみ、今朝より騎乗を再開しています。
 
「『向正面で前の馬がバランスを崩してフラフラした』と鞍上。その際にトモの球節下に3か所ほど外傷を負って帰ってきたわけですが、すでに火曜日の段階で『問題なし』(獣医師)とのことでしたし、腫れはなく、歩様も大丈夫そうですよ。前走は外々を回った分に加え、心身ともに休み明けのそれであったこと。その辺も少なからず影響したのではないでしょうか。目下、交流戦にあまり適した番組がなく、中央に続戦するにしても権利なしでは難しい状況。一旦放牧を挟むべきか、このまま節をあけて来月の福島あたりを目標にするかなど、もう少しこちらで様子を見ながら定めていきたいと思います」(尾関調教師)
 
 
先週のレースで6着とまさかの大敗を喫してしまったゼロカラノキセキですが、レース中の外傷はあれど大きな反動までは来ていないようで、まずは一安心。
 
前走の敗因については「前走は外々を回った分に加え、心身ともに休み明けのそれであったこと。その辺も少なからず影響したのではないでしょうか」という事で、内外に久々の影響が出ていたことが挙げられています。
 
それだけに、叩き2戦目となる次走には改めて注目していきたい…のではありますが、前走の6着で権利を落としてしまったため、続戦先の見通しが不透明になってしまいました。
 
 
今後の方針については、「交流戦に適鞍が無い」ことから「一旦放牧を挟むべきか、このまま節をあけて来月の福島あたりを目標にするかなど、もう少しこちらで様子を見ながら定めていきたい」とのこと。
 
交流戦の日程が掴み切れないので何ともですが、福島のD1150m戦に向かうのであれば2週目の牝馬限定戦、4/15(土)福島7R 4歳以上500万下(D1150m・牝馬限定戦)あたりが有力になるのかなあと。
 
前走での5着と6着の小差が大差になっている現状は何とももどかしい限りですが、何とか良い方向に軌道修正を、そして夏までにもう一つ勝ち星を・・・と思うばかりです。