読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 引退馬→ゼロレボルシオン/アカラ/ルックオブラヴ 13年産(現3歳世代)→ベイビーティンク/ゼロカラノキセキ 14年産(現2歳世代)→ディメンシオン(ミスペンバリー'14)/クレッシェンドラヴ(ハイアーラヴ'14)/ブライトメモリー(マジェスティックブライト'14) 15年産(現1歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15/パワーバンド(スイートマカロン'15)

出資馬近況(3/8) ディメンシオン、注目のデビュー戦!

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ディメンシオン
 
17.03.09
 
3月11日(土)阪神5R 3歳未勝利(芝1800m)に福永祐一騎手にて出走予定。
 
「まずまず仕上がっていることですし、これが新馬同士であれば、結構自信も持てるのですが、なにぶん今回は既走馬が相手。こちらは初物づくしですからね。能力を感じさせる馬ですので、それでも善戦できるのかもしれませんが、まずは無事に回ってくること。それが全てでしょう。ここを一度使えば、おそらくガラッと変わってくると思います」(荻野助手)
 
 
 
 
今週の土曜阪神5R・3月11日(土)阪神5R 3歳未勝利(芝1800m)でデビューを迎えるディメンシオンですが、CWでの最終追いも福永Jを背にしっかりと乗り込まれ、デビューに向けての態勢を整えてきました。
 
その最終追い切りでは、(内外の差があったとはいえ)終始馬なりのままで併走相手にしっかりと先着。
 
ガシガシと動かすような事はありませんでしたが、早い時計は既に先週出していますから、今週はこれで十分という判断なのでしょう。
 
 
相手関係としては、近走内容から勝ち上がり目前といった感じの超良血馬スイーズドリームスを筆頭に何頭か強そうな相手が出てきているものの、その影響か?出走頭数はフルゲート割れの14頭と、まずまず落ち着いてくれた印象。
 
これがデビュー戦となるディメンシオンにとって、頭数は少なければ少ないほど良いと思いますし、どこぞのステイゴールド産駒のように気性面で止めるような所を出さなければ、権利の確保は有望かなあと。
 
 
・・・とはいえ、今回は既走馬相手のデビュー戦、常識的には厳しいレースではありますから、陣営コメントにもあるように「まずは無事に回ってきてくれれば」というのが率直な思い。
 
まだまだ奥がありそうなディメンシオンだけに、初戦から無理をしすぎて心身にガタが来てしまっては元も子もありませんし、「ここを一度使えば、おそらくガラッと変わってくると思います」と言われているように、勝負はここを叩いての次という感じですからね。
 
実際に初戦よりも2戦目3戦目でパフォーマンスを上げてくる、というのは藤原厩舎の十八番のパターンですし、今回はあくまで今後の見通しを立てるレース・・・なのですが、ディメンシオンの動きや周囲の評価を見ていると、「それでも、素質の高さだけで勝ち負けになってしまうのでは・・・?」という思いがあるのも事実。
 
実際のところ競馬はそんなに甘くは無い、というのは重々承知していますが、それでも何かやってくれるのでは?という可能性を感じさせる馬ですからね。
 
辛口評価がデフォルトのはずの藤原厩舎にあって好評価を連発、競馬雑誌にも注目の3歳馬として写真付きで取り上げられたりと各方面から注目を集めるディメンシオンが、果たしてここでどんな走りを見せるのか。
 
出資当初から3歳世代のリーダー格として期待している大物牝馬が、いよいよベールを脱ぐ時がやって来ました。