読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hakuと愉快な仲間たち(別館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 引退馬→ゼロレボルシオン/アカラ 13年産(現3歳世代)→ベイビーティンク/ゼロカラノキセキ/ルックオブラヴ 14年産(現2歳世代)→ディメンシオン(ミスペンバリー 14)/クレッシェンドラヴ(ハイアーラヴ 14)/ブライトメモリー(マジェスティックブライト 14) 15年産(現1歳世代)→ベイビーローズ 15/ハイアーラヴ 15/スイートマカロン 15 【本館】http://blogs.yahoo.co.jp/rlgdda

出資馬近況(2/22) ゼロカラノキセキ、戦線復帰へ美浦帰厩!

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ゼロカラノキセキ
 
17.02.22
 
本日、美浦トレセンに帰厩しています。
 
「おおよそ当初からイメージしていたタイミングでこちらへ。まずは、3月11日(土)中京6R 500万下(ダ1400m)や12日(日)中京7R 500万下・牝(ダ1400m)を意識しながら調整を進め、その感触を窺っていきたいと思います」(尾関調教師)
 
 
帰厩に向けて外厩で調整されていたゼロカラノキセキですが、今週の近況で帰厩の日取りが聞けるかと思いきや、既に美浦に入っているようですね。
 
放牧時に発表されていた「帰厩は月末頃」というスケジュール通りの帰厩で、復帰戦の目標も「中京の1400m戦」という当初の予定通り、3月11日(土)中京6R 4歳以上500万下(D1400m)または3月12日(日)中京7R 4歳以上500万下(D1400m・牝馬限定戦)が有力となっている様子。
 
共に2週後の中京D1400m戦のレースで、どちらかというと限定戦になる後者の方が有力かなあと思いますが、この辺りは相手関係次第という感じでしょうか。
 
早々と美浦入りしたように状態面への不安は無さそうですし、「フレッシュな状態の方が走る」タイプで鉄砲も効くクチですので、初戦からいきなり好勝負になってくれるのではと思います。
 
 
年始から出資馬、特に3歳馬たちの歯痒いレースが続いている中、500万条件で安定感抜群の走りを見せてくれるゼロカラノキセキの戦列復帰は何より。
 
一つの目標としている降級前の500万条件突破、そして念願の中央初勝利に向けて、トレセンでも頑張ってほしいものです。