読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hakuと愉快な仲間たち(別館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 引退馬→ゼロレボルシオン/アカラ 13年産(現3歳世代)→ベイビーティンク/ゼロカラノキセキ/ルックオブラヴ 14年産(現2歳世代)→ディメンシオン(ミスペンバリー 14)/クレッシェンドラヴ(ハイアーラヴ 14)/ブライトメモリー(マジェスティックブライト 14) 15年産(現1歳世代)→ベイビーローズ 15/ハイアーラヴ 15/スイートマカロン 15 【本館】http://blogs.yahoo.co.jp/rlgdda

1/22(日) 中山競馬場・ブライトメモリーのメイクデビュー観戦記

 
 
久々の観戦記事。
 
出資馬ブライトメモリーのデビュー戦を見守るべく、中山競馬場へ行ってきました。
 
 
f:id:haku_san:20170124211029p:plain
 
 
レーシングプログラムにも、(当然)ブライトメモリーの名前が。
 
 
何故か広尾TCの関東主戦と化しつつある戸崎圭太Jとのタッグで、初の実戦に挑みます。
 
 





前回の中山遠征だったクレッシェンドラヴの前走時に遅刻した経験を活かし…たかどうかは不明ですが、今回はしっかりとパドック周回の開始前に到着。

電光掲示板を見た瞬間、「えっ、単勝1.2倍???」と思いましたが、これは1つ前のレースのオッズでした。

それでも「同じ枠番の馬が勝てば縁起が良いなあ」と思いながら場内実況に耳を傾けるも、ゴール前で差されて2着に敗れた様子。

 
聞かなかった事にして、パドック周回の開始を待ちます。

 

 
 
 
 
掃除の様子を眺めながらぼんやり待っていると、
 
 
 
 
 
 
 
 
出走各馬が登場。
 
写真の記憶を頼りに、ブライトメモリーの姿を探すと・・・
 
 




 
どことなく見覚えのある馬が。
 
小崎厩舎のイメージカラー(?)、赤色のバンテージが目立ちますね。
 
 


 
 
 
同じ小崎厩舎&ネオユニヴァース牝馬だったベイビーティンクが初戦のパドック元気に飛び回っていたので、後輩のブライトメモリーはどうなることかと心配していましたが、意外にも?大人しく周回しているように見えました。
 
 

 
 
 
1人引きで済んでいるのも大人しさ故でしょうか。
 
他馬が大暴れしていても動じず、かと言って促されるような周回にもならず。
 
歩き姿も堂々としていて(当社比)、「思っていたより良い馬だなあ」というのが正直な印象でした。
 





その花は飼い葉ではない。



 
 
 
などと心の中でツッコミを入れていたら、早くも騎乗命令が。
 
止まれの合図が掛けられ、パドックには見慣れた勝負服に身を包んだ戸崎Jが登場。
 
どうやら同じ光景を来週も見ることになるようですから、しっかりと慣らしておいてくれればと思います(?)。
 


 
 
 
戸崎Jが鞍に跨り、出撃態勢も完了。
 
全く関係のない話ですが、広尾TCの勝負服には赤と緑の帽子が似合うと思うんですよねえ。
 
個人的には三原色が揃って好バランスに見える赤帽がお気に入りですが、袖柄とマッチする緑もGood。
 


 
 
 
いざ出陣。
 
 
レース内容や回顧、その他雑感は前回の記事で。
 
 
 




レースの結果は既報の通り、今年二度目の伝統芸となる4着入線でした。
 
勝ち馬とは6馬身差もの大差がありましたが、初戦としては人馬ともにまずまずの内容だったのでは。

トリにしては微妙な写真ですが、レース結果の掲示コーナー(?)の確定画面でお別れといたします。
 
 
 
という事で、ブライトメモリーパドックでの様子(しか写真が無い…)はこんな感じでした。

・・・今にして思えば「パドック以外の写真も撮っておけば」という思いが大ですが、本場場入場は1つ前のレースでのファンディーナの勝ちぶりに衝撃を受けて、グランプリロードはそもそも存在自体をそれぞれ忘れておりまして・・・。
 
次回の新馬戦がいつになるかは不明ですが、次こそはレースの様子…までは無くとも、返し馬の様子くらいは写真に撮っておきたいなあと。
 
 
・・・それにしても、
 
 

f:id:haku_san:20161024085133p:plain

 
 
 
・・・やっぱり似てる、ような気がする・・・