hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 13年産(現4歳世代)→ゼロカラノキセキ 14年産(現3歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現2歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15)/パワーバンド(スイートマカロン'15)/エンジェルリード(ステラリード'15) 16年産(現1歳世代)→スイートマカロン'16/Miss Fear Factor'16/フェニーチェ'16

出資馬近況(1/19) ブライトメモリー抽選突破、いざデビューへ!

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ブライトメモリー
 
17.01.19
 
1月22日(日)中山6R 3歳新馬(芝1600m)に戸崎圭太騎手にて出走予定。馬体重466kg(1/18測定)
 
「まだ全体的に幼い印象を残しており、競馬や走りが分かっていないようなところもありそうですが、跳びの感じは悪くないですし、芝のほうが良さそうな雰囲気。稽古後の息の入りもまずまずでしたので、イメージとしては、これから経験を積んでいく中で成長と共に良くなってくるタイプなのではないでしょうか。飼葉も与えた分はちゃんと食べてくれますし、音に敏感な面もメンコをつけていれば大丈夫そうです」(中村助手)
 
 
 
 
 
目標としていた新馬戦に出走希望馬が殺到したため今週末の出走が微妙だったブライトメモリーですが、突破確率30%以下(出走枠7:24登録数)という狭き門を潜り抜け、日曜中山6R・1月22日(日) メイクデビュー中山(芝1600m)への出走権を掴み取りました。
 
ここで除外されると京都デビューの方向になっていたのかなと思いますし、戸崎圭太騎手を確保しながらの除外は悔いが残っていたでしょうから、ここでクジ運に恵まれたのは何よりですよね。
 
 
除外優先権を持っていない状態で昨年のリーディングジョッキーを押さえてみたり、期待の新馬として今週のGallopに取り上げられてみたりと、周囲からの注目度もまずまず。
 
陣営の見立てでは「これから経験を積んでいく中で成長と共に良くなってくる」という事で、今はまだ未完成、ここを使ってからが本番…という感じのようではありますが、ここまでの調教の動きに加え、抽選の結果(?)目立った良血馬や好調教馬が見当たらないメンバー構成になった印象もありますから、初戦からある程度の期待は持っておいても良いのかな、と思います。