読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 引退馬→ゼロレボルシオン/アカラ/ルックオブラヴ 13年産(現3歳世代)→ベイビーティンク/ゼロカラノキセキ 14年産(現2歳世代)→ディメンシオン(ミスペンバリー'14)/クレッシェンドラヴ(ハイアーラヴ'14)/ブライトメモリー(マジェスティックブライト'14) 15年産(現1歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15/パワーバンド(スイートマカロン'15)

年末年始の出資馬動向いろいろ②美浦トレセン入厩組

 
 
現在地別の出資馬近況、第二弾は美浦トレセン在厩組。
 
この括りに入るのは、放牧予定のゼロカラノキセキ(牝4・尾関厩舎)を除くと二ノ宮厩舎の3歳牡馬クレッシェンドラヴ一頭のみ。
 
なんとなく企画倒れ感もありますが、個人的には東西トレセンの在厩組の中でも特に気にかけている一頭ですからね。
 
昨年は関係者や陣営の期待を受けながら結果を残せなかったものの、今年こそは飛躍の年になってくれると信じています。
 
 
 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
クレッシェンドラヴ
 
17.01.05
 
美浦トレセン在厩。今週より、速めを再開しています。
 
「特にソエの影響を感じさせない、いつも通りのこの馬の走り。変わりなく動いていましたよ。次走までスケジュールに余裕がありますので、まずはこれくらいで問題ないでしょう。タイプ的に少し距離があった方が良さそうですね」(平野騎手)
 
「年末年始も速めこそやっていなかったものの、普通には乗っていましたし、ソエも含めて、大きく変わりはありません。息の感じからしても、心肺機能は高いはず。母系が色濃く出ているのか、やはり距離はあった方が良いでしょう。1月28日(土)東京4R 3歳未勝利(芝2400m)や2月5日(日)東京5R 3歳未勝利(芝1800m)などを意識しつつ、入念に調整していきたいと思います」(斎藤厩務員)
 
 
 
 
 
ということで、クレッシェンドラヴは次走に向けて美浦二ノ宮敬宇厩舎で調整中。
 
ソエのことに加えて在厩期間が長くなっている(今週でちょうど4か月)のが気にはなりますが、それだけ長い間手元に置いて見てくださっているのだ、と思えば悪いことではないのかなと。
 
そして、今年の初戦となるレースは「1月28日(土)東京4R 3歳未勝利(芝2400m)や2月5日(日)東京5R 3歳未勝利(芝1800m)などを意識」しているという事で、芝の長丁場へ向かう方向で動いている様子。
 
距離はあった方が良い」というのも共通の認識のようですから、個人的には前者の2400m戦の方に回ってくれると良いなあと思います。
 
「クレッシェンドラヴは晩成の芝ステイヤー」というのは出資当時からの私の持論ですし、どちらのレースに向かうにしてもダート戦だった前走よりも条件は向いているはず。
 
まだまだ完成は先だとは思いますが、そろそろ片目を開けてくれる時期なのではないかな、と思います。