hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 13年産(現4歳世代)→ゼロカラノキセキ 14年産(現3歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現2歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15)/パワーバンド(スイートマカロン'15)/エンジェルリード(ステラリード'15) 16年産(現1歳世代)→スイートマカロン'16/Miss Fear Factor'16/フェニーチェ'16

出資馬出走結果(12/3) ゼロカラノキセキ、最速上がりで追い込むも…

 
 
今日の中京2R・12月3日(土) 中京2R・3歳以上500万下(D1200m、牝馬限定戦)に出走したゼロカラノキセキは4着でした。
 
 
ゼロカラノキセキ 
 
 
16.12.03
 
一線のスタートから、道中は中団後方の最内。直線で外に持ち出され、ひと追い毎に前に迫りましたが、結果4着での入線となっています。
 
「ゲート内ではすごく大人しくしていましたが、一歩目の出が遅くなり、1200m戦で周りも速い分、若干後手を踏む格好に。それが影響して、位置取りが悪くなってしまいました。欲を言えば、もう一列前で競馬をしたかったですね。最初のコーナーに入る際、(1頭分あいていた)内を突こうか迷ったのですが、そこでゴチャついて終わるのもイヤでしたので、安全策で外に切り替えた次第です。一発勝負に賭けるのも手だったかもしれませんが、あくまでも結果論ですから…。それでも直線はうまく捌けましたし、馬もよく伸びてくれています。こういう競馬ができたのは今後の収穫になると思います」(黛騎手)
 
「できれば内枠を利した競馬をして欲しかったですが、1200m戦で周りも速く、仕方ない面もありましたよね。最後はしっかり伸びてくれたように、力のあるところは再確認できました」(尾関調教師)
 
◆惜しくも一列前で流れに乗った馬たちに残される形となってしまいましたが、上がり最速タイムで伸びてきたように、見どころは十分。馬群から抜け出す競馬ができたこと、1200m戦でも好走できたことは、必ずや今後につながるものと思われます。なお、ふたたび権利を獲ったことにより、自由にレース選択ができますので、「あとは美浦に帰ってからの馬の様子をよく見ながら」と調教師。疲れが溜まりやすいトモの回復状況などとも相談の上、慎重に次走を検討していく構えです。(HTC)
 




 
五分のスタートを切るも距離短縮の影響か二の脚が付かず、先行争いからは一歩遅れる形に。
 
こうなると内枠も逆にアダとなり、道中では位置をかなり下げての追走を余儀なくされます。
 
その後、向こう正面~3角での周囲の馬の出入りの影響もあって位置を更に下げてしまい、「死にポジション」に近い後方インで直線に向く最悪の展開に。
 
勝負所に差し掛かっても馬群から抜け出せず、このまま大敗か…とも思われましたが、これだけ厳しい競馬になってもタダでは終わらないのが今のゼロカラノキセキ
 
直線に向いてからは馬群を捌きながらじわじわ伸び、残り200m地点でようやく外に進路を取ると全力発揮。
 
大外からメンバー中最速の3F36秒7の末脚を繰り出して前を追ったものの、先団インから器用に抜け出していた前3頭には流石に届かず、4着でのゴールとなりました。
 
 
 
・・・という事で、ゼロカラノキセキの500万条件での2戦目は 伝 統 芸 でした。
 
近2走とは違い今回は久々に後方からの競馬、それも難しいポジションに押し込められながらの追走を余儀なくされ、上にも書いたように直線を向いた時には大敗も覚悟したほどですが、それでも大崩れしないところはさすがの一言。
 
あらためてゼロカラノキセキに現級上位の力があることを確認できたのは嬉しい限りなのですが、正直なところ「勝てるレースを落とした」という印象もあるのも事実で…ううむ、何とも複雑な気分ですねえ。
 
まあ、「向こう正面でああしていれば」「直線入り口でこうしていれば」という思いがあるのは確かですが、それはあくまで岡目八目というか、レース後に何を言っても結果論ですからね。
 
好材揃いの一戦で期待の鞍だっただけに無念は残りますが、仕方の無いことと割り切る他ないでしょう。
 
 
という訳で、今回は悔しい結果に終わってしまったものの、昇級初戦ながら5着に踏ん張った前走に続いての好走で、現級突破には完全にメドが立ったのも事実。
 
加えて「前受けでも良し、差しに回しても良し」という自在性も見せてくれたことですし、馬群に揉まれながらの競馬でも怯まないところも確認できましたから、収穫は大だったと言えるでしょう。
 
次走に向けての優先権もしっかりと確保できたことですし、来年初夏の降級まではまだ半年以上ありますから、今回はこれで良しとしましょうか。
 
 
その次走については「「あとは美浦に帰ってからの馬の様子をよく見ながら」」という事ですが、順調なら年内にもう1走くらいは出来そうな雰囲気。
 
今回は少しばかり悔いの残る一戦となってしまいましたが、次回のレースではこの鬱憤を晴らすような快走を期待したいものです。