hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 引退馬→ゼロレボルシオン/アカラ/ルックオブラヴ 13年産(現3歳世代)→ベイビーティンク/ゼロカラノキセキ 14年産(現2歳世代)→ディメンシオン(ミスペンバリー'14)/クレッシェンドラヴ(ハイアーラヴ'14)/ブライトメモリー(マジェスティックブライト'14) 15年産(現1歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15/パワーバンド(スイートマカロン'15)

出資馬近況(11/17) ゼロカラノキセキ、次は中京?

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ゼロカラノキセキ
 
16.11.17
 
美浦トレセン在厩。昨日までは運動のみ、今朝より騎乗を再開しています。
 
「前走の内容が示すように、500万クラスに入ってもやはりやれそうですよね。レース後も傷んだ様子はありませんので、しっかりとケアして次走へ。今のところ、12月3日(土)中京2R 500万下・牝(ダ1200m)や11日(日)中京6R 500万下・牝(ダ1400m)を中心視しています」(尾関調教師)
 
「振り返ってみれば、自身2戦目の東京で2着した時のデキが一番良かったように思います。その後はやむなく押せ押せになりましたから…。前走はこれまでに教えたことを覚えてくれていましたし、休養を挟んで疲れが取れ、馬が元気になっていた分、頑張れたのではないでしょうか。どうも性格や適性がもうひとつ掴みきれない馬ですが、たまに気持ちが動転するようなところがありますので、使い込む前のフレッシュな感じが結果につながりやすいのかもしれません」(西塚助手)
 
 
 
昇級初戦の前走で5着といきなりメドを立てたゼロカラノキセキですが、前走後も大きな反動が出るようなことは無かったようで、既に続戦を意識して動き始めている様子。
 
気になる次走は「12月3日(土)中京2R 500万下・牝(ダ1200m)や11日(日)中京6R 500万下・牝(ダ1400m)を中心視」という事で、2~3週後の中京開催の牝馬限定戦を狙っているようですね。
 
まだ確定という訳ではありませんが、次走は叩き2戦目、中京変わり、牝馬限定戦、(3日の1200m戦なら)200mの短縮と好材が揃う事もあり、好内容だった前走からの更なる前進、ひいては勝ち負けまで期待しても良いのでは。
 
特に中京変わりと牝馬限定戦で相手関係が緩和されそうなのは好感ですし、前走で見せてくれた先行力から中京コースへの適性もありそう。
 
流石に現地観戦は難しそうですが、中京での走りを楽しみにしていたいと思います。