hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 13年産(現4歳世代)→ゼロカラノキセキ 14年産(現3歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現2歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15)/パワーバンド(スイートマカロン'15)/エンジェルリード(ステラリード'15) 16年産(現1歳世代)→スイートマカロン'16/Miss Fear Factor'16/フェニーチェ'16

出資馬出走結果(11/13) ゼロカラノキセキ、昇級初戦も見せ場十分!

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
 
ゼロカラノキセキ 
 
 
16.11.13
 
一線のスタートから、道中は2番手。直線で早めに先頭に立ち、そのまま押し切りを図りましたが、ゴール前で惜しくも交わされ、結果5着での入線となっています。
 
「あまり外々を回らされたくなかったため、少し気合いをつけてポジションを取りに行きました。その分と休み明けもあってラストは止まってしまいましたが、これが内枠だったらもっと粘れていたと思いますし、ここを叩いた次はさらに走れるのではないでしょうか。ゲートが速く、スピードもありますので、今日の感じであれば1200mの距離でもやれそうです」(アッゼニ騎手)
 
「昇級初戦でこれだけやれれば及第点。休み明けで多少余裕がある状況下でもこうやって頑張れるのですから、やはり力はあるのでしょう。今日の競馬を見る限りでは、1200mも選択肢に入ってくるのでは。早くもメドが立つ内容でよかったです」(西塚助手)
 
◆逃げ馬の脱落が早く、後続のいい目標になってしまった分、最後はドッと差されてしまいましたが、休み明けの昇級戦で男馬を相手にこの内容であれば合格ライン。助手のコメントにもあるように、早くもこのクラスにメドを立ててくれました。なお、このあとは、中1週で同条件に向かうのか、それとも中2週で中山や中京の1200m戦に向かうべきか。週明けの馬の状態ともよく相談をしながら、方向性を定めていきたいと思います。(HTC)
 
 
 
五分のスタートから出たなりで下げるかと思いきや、意外にも(?)押していって先団へ。
 
大外からハナを主張してきた逃げ馬を行かせ、こちらは外の2番手からレースを進めます。
 
勝負所の4コーナー辺りから楽な手応えのままで逃げ馬に外から被せるような恰好で進出し、ちょうど川崎の交流戦を勝った時と同じような態勢で直線へ。
 
そのまま楽に先頭に立ってからスパートを開始されるとこれにもしっかりと反応し、逃げ馬が止まったこともあって坂下で先行集団から一頭だけポーンと抜け、2馬身ほどのリードを取って最後の坂へ。
 
早めに動いた分か残り200mあたりで脚色が鈍り始めながらも最後まで良く伸び、差し込んできた人気勢の末脚には屈したものの掲示板は確保。
 
戦前から「ここは叩き、勝負は次」というムードが漂っていた中、一発回答でクラスにメドを立てる力走を見せてくれました!
 
 
昇級初戦で力関係がどうか、久々で力を出し切れるのか・・・と不安も多かった中で、「見せ場を作る」どころか坂の手前では「勝った!」と思わせるシーンすら作った今回の内容は文句無しです。
 
また、(今週の東京ダートは時計が出ていたとはいえ)今回のレースは500万としては時計の速い一戦で、勝ち時計の1分23秒8は今秋の東京D1400mの500万条件では最速でした。
 
この時計を前で引っ張って残るのは地力の証明でしょうし、完調手前の状態でこれだけのパフォーマンスを見せてくれるのは流石の一言です。
 
これで「来年5月の降級までにもう一勝!」という目標にも近づけたことですし、今日の内容であれば平坦短縮、今だと福島D1150m戦あたりなら1000万でもやれるのでは?という先々の妄想も膨らみましたから、今後が本当に楽しみになる、収穫の多い一戦だったと思います。
 
 

f:id:haku_san:20161113221217p:plain

 
 
次は再来週の東京か、それとも3週後の中山か…レースが終わったばかりですが、次走でのゼロカラノキセキの走りが今から楽しみです。