読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 引退馬→ゼロレボルシオン/アカラ/ルックオブラヴ 13年産(現3歳世代)→ベイビーティンク/ゼロカラノキセキ 14年産(現2歳世代)→ディメンシオン(ミスペンバリー'14)/クレッシェンドラヴ(ハイアーラヴ'14)/ブライトメモリー(マジェスティックブライト'14) 15年産(現1歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15/パワーバンド(スイートマカロン'15)

出資馬近況(11/3) クレッシェンドラヴ、手応えは変わらず良好

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
 
クレッシェンドラヴ
 
 
16.11.03
 
美浦トレセン在厩。昨日は北馬場にて普通キャンター、今朝ウッドにてやや速めを消化しています。
 
「ひとまず稽古での感触は変わらずイイですね。次走は11月20日(日)東京4R 2歳未勝利(芝2000m)。今度はチークピーシズでもつけてみようか検討中です」(二ノ宮調教師)
 
「体つき、脚元、煩さなど・・・どれを取ってもレースを使う前と後で変わりはなく、この中間も調整自体は順調にきています」(佐々木助手)
 
「レース直後は多少煩くしましたが、きのう今日などは比較的大人しいですし、悪い意味ではなく、特に変わりは見られません。それなりに乗り込んでからデビュー戦を迎えたことですし、次走はまだ再来週ですからね。ここでビッシリ攻める必要はないでしょう」(斎藤厩務員)
 
 
 
初戦大敗からの巻き返しに期待がかかるクレッシェンドラヴですが、2週前追いとなる今週の調教はウッドを馬なりのままで追われており、次走に向けての調整は順調に進められている感じ。
 
二ノ宮先生からも「稽古での感触は変わらずイイ」と直々に言って頂けているのは何よりですが、問題はこの好感触をどう実戦に繋げるか、なんですよねえ。
 
今度はチークピーシズでもつけてみようか検討中です」と馬具での調整も一考されているようで、陣営の方でも色々と考えてくださっているのが良く分かります。
 
力さえ出せれば未勝利にいる馬では無いと思ってはいますが、数字上ではあくまで「1戦0勝、前走12着」の馬ですからね。
 
関係者の方々の期待に応えるべく、そして何より私を安心させる(切実)べく、次こそはレースで真の実力を見せて欲しいものです。