hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 引退馬→ゼロレボルシオン/アカラ/ルックオブラヴ 13年産(現3歳世代)→ベイビーティンク/ゼロカラノキセキ 14年産(現2歳世代)→ディメンシオン(ミスペンバリー'14)/クレッシェンドラヴ(ハイアーラヴ'14)/ブライトメモリー(マジェスティックブライト'14) 15年産(現1歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15/パワーバンド(スイートマカロン'15)

出資馬近況(11/2) ブライトメモリー、更に乗り込んで

 
(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
 
ブライトメモリー
 
 
16.11.02
 
UPHILL在厩。おもに坂路にてハロン16~17秒ペースのキャンター1本を消化。週1~2回の速めを乗り込まれています。
 
「速めをやる度に手応えが良くなり、段々と動けるようになっていますので、本馬の上昇度に合わせるように、『さらに筋肉が出来上がってくるのを待ってから、入厩、ゲート試験につなげていきたい』と調教師。よって、『入厩目標を今月下旬頃に切り替え』、さらにこちらで基礎固めを行った上でバトンタッチすることになりました。速めを乗ってもバテることはないですし、追わずして時計が出る状況まできていますので、残り数週間で“併走から先に抜け出す稽古”や“あえて追ってみての走りの確認”など、ひと通り色々と試しつつ、ゲート試験(によってかかる負荷を)を楽にパスできるところまで進めていきたいと考えます」(木村マネージャー)
 
 
入厩に向けて栗東近郊のUPHILLで調整中のブライトメモリーですが、乗り込みを進める毎に動けるようになってきている事から、入厩予定を(目標としていた今月上旬から)「『入厩目標を今月下旬頃に切り替え』、さらにこちらで基礎固めを行った上でバトンタッチする」事として、外厩での乗り込みを更に進めていくことになった様子。
 
調教を積む毎に良い手応えが良くなっているというのは何よりですし、成果が出ている以上は見切り発車で入厩させるよりも更に乗り進めて強化を図った方が得策、という感じなのではないでしょうか。
 
 
入厩予定が先送りにはなりましたが、牧場での乗り込みを更に進めて土台を固め、目論見通りに「楽にゲート合格」が出来れば、当然(放牧を挟まずに)そのままデビューへという流れになるでしょうから、この方針転換でデビュー目標が大きくズレる事は無いんじゃないかなーと気楽に考えています。
 
まあ、元々厩舎枠として出資した馬ですし、新馬戦までは小崎先生にお任せという位の気分でいますからね。
 
馬の状態ををしっかり見定めて、良い方向に進めてくれれば…と思います。