読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 引退馬→ゼロレボルシオン/アカラ/ルックオブラヴ 13年産(現3歳世代)→ベイビーティンク/ゼロカラノキセキ 14年産(現2歳世代)→ディメンシオン(ミスペンバリー'14)/クレッシェンドラヴ(ハイアーラヴ'14)/ブライトメモリー(マジェスティックブライト'14) 15年産(現1歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15/パワーバンド(スイートマカロン'15)

出資馬近況(10/26) ディメンシオン、しっかり回復

 
(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ディメンシオン
 
16.10.26
 
吉澤ステーブルWEST在厩。ほどなく調教を再開しています。
 
「大事を取ったこともあって平熱に戻っており、すっかり元気そうな様子に。すでに今週から周回コースに入り、ハロン20秒ペースのキャンター2000~3200mを消化しています。これでもう立ち上げていけるはずですので、今後は余計な脂肪分を筋肉に変換できるように調整を進め、合わせて体質面の強化を促していければと考えます」(柴原マネージャー)
 
 
先週の近況で発熱が伝えられていたディメンシオンですが、今週は順調さを取り戻しているようですね。
 
既に乗り込みも始まっているようで、前出の輸送疲れによる発熱からも回復している様子。
 
この時期の若駒はちょっとしたトラブルが大事に至ることもありますから、まずは無事の回復が何よりです。
 
キャンターを乗られて「これでもう立ち上げていけるはず」というお墨付きも出ましたから、これで今度こそ入厩に向けてのトレーニングのスタートラインに立てた感じ。
 
慎重派の藤原先生から入厩へのGOサインを貰うのには中々骨が折れそうですが、頑張ってほしいものです。