hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 引退馬→ゼロレボルシオン/アカラ/ルックオブラヴ 13年産(現3歳世代)→ベイビーティンク/ゼロカラノキセキ 14年産(現2歳世代)→ディメンシオン(ミスペンバリー'14)/クレッシェンドラヴ(ハイアーラヴ'14)/ブライトメモリー(マジェスティックブライト'14) 15年産(現1歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15/パワーバンド(スイートマカロン'15)

出資馬近況(10/19) ベイビーティンク、まだまだ練習中

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ベイビーティンク
 
16.10.19
 
蒜山ホースパーク在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場にて長めの駈歩、丸馬場にて横木や低い障害通過を消化しています。
 
「今週から20cmほどの低い障害を跨がせており、まずは1つ1つ確認しながら。何度か続けて行くと反抗することもありますが、騎乗者がポンと軽く指示を出してあげるとまたこなしてくれますので、この調子で着実に前進を図っていければと思います。今後は様子を見ながら10cmずつ高さを上げていく予定です」(牧原担当)
 
 
蒜山で障害練習中のベイビーティンクですが、引き続き練習を続けている様子。
 
今週からは本格的に障害を飛んで(跨いで?)いるようですから、徐々にではありますが障害練習の形(?)になりつつあるようですね。
 
出資馬の入障は初めてなので障害練習の進捗は今一つ把握し辛い部分がありますが、JRAの障害レースにおける置き障害の高さは120㎝程ですから、これを飛べるようになるのが一つのゴール…と思って良いのかどうか。
 
馬と同様に見ているこちらも初物尽くし、これからの先行きが見えないのが不安ではありますが、こういった事を知れるのも一口の楽しみですね。