hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 13年産(現4歳世代)→ゼロカラノキセキ 14年産(現3歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現2歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15)/パワーバンド(スイートマカロン'15)/エンジェルリード(ステラリード'15) 16年産(現1歳世代)→スイートマカロン'16/Miss Fear Factor'16/フェニーチェ'16

出資馬近況(4/5) ベイビーティンク、いよいよ入障にメド?

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ベイビーティンク
 
17.04.05
 
北総乗馬クラブ在厩。先週同様、おもに周回コースにてハロン17~22秒ペースのキャンター6000m、週1回の障害練習を消化しています。
 
「今週もまた見てきました。だいぶ体つきが良くなっており、飛越もスムース。精神的にも必要以上に追い込まれている感じではありませんので、来週の月曜日にもう一度、草野騎手に跨ってもらい、特に問題がないようであれば、トレセンに持ってこようかと思っています。急に進めていこうとすると馬も身構えるでしょうし、気難しさを出すかもしれませんからね。この馬のことをちゃんと理解している人に乗ってもらうためにも、ここはしっかりと段階を踏みながら。トレセンの環境下ではあまりこねくり回すことなく、障害試験まで持っていきたいところです」(伊藤正調教師)
 
 
 
入障を目指して美浦近郊で障害練習中のベイビーティンクですが、「来週の月曜日にもう一度、草野騎手に跨ってもらい、特に問題がないようであれば、トレセンに持ってこようかと思っています」ということで、ついに帰厩(元関西馬で、美浦に入るのは初めてですが…)への具体的な予定が出てきました。
 
伊藤先生の見立てで「だいぶ体つきが良くなっており、飛越もスムース」だったというのは何よりですし、メンタル面への気遣いをしてくださっているのもありがたい限り。
 
また、「馬の事を理解している人に乗ってもらう」というお話も出ていますが、競走馬の障害入りは最初に誰か一人のパートナーを見つけ、人馬一体で障害練習~障害試験~実戦というステップを踏んでいく・・・というのが一般的な流れ(のはず)ですから、ベイビーティンク草太郎こと草野太郎Jとのコンビでこの流れに挑むことになるのかなあと。
 
今は北総乗馬クラブのストレスフリーな環境にいるだけに、これがトレセン入りした後も調整は順調に行くのか、試験は一発で合格できるのか、そしてデビュー戦のメドは立つのか、etcetc…出資馬初の入障とあって何から何まで初物尽くしですが、今後の展開を楽しみに待ちたいと思います。
 
 

 

出資馬近況(3/30) ディメンシオン、アクシデントで出走見送り

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ディメンシオン
 
17.03.30
 
栗東トレセン在厩。直前になって右前肢に挫跖の症状が見られたことから、今週末の出馬投票を見送りました。
 
「昨日の追い切りの動き自体はすごく良かったのですが、自身の後肢で引っ掛けてしまったのか、右前に挫跖のような症状を確認。程度としては重くないものの、それなりにケアを必要とする状況から、ひとまず今週末の出走を見合わせることになりました。しばらくはこのまま厩舎で様子を窺い、今後の回復状況に応じて、レースを再検討していきたいと考えます。特に尾を引くようなことがなければ、来週か再来週あたりの出走も視野に入ってきます」(藤原英調教師)
 
 
 
 
今週土曜日の阪神3R・4月1日(土)阪神3R 3歳未勝利(芝1800m、牝馬限定戦)への出走を予定していたディメンシオンですが、「自身の後肢で引っ掛けてしまったのか、右前に挫跖のような症状を確認」したことから、今週の出走を見合わせ、脚元のケアに専念することとなりました。
 
素質の高さや追い切りの動きから、今回は(今回も)勝ち負け必至の一戦と見ていたので残念ではありますが、出走馬の中に名前が無いことに気付いた時には最悪の事態すら想像していただけに、早期の戦線復帰が見込めそうなのは不幸中の幸い。
 
回復状況次第では来週再来週の復帰もあり得るということで、一刻も早い回復を願うばかりです。
 
次走の話は挫跖の症状が完治してからになりますが、一応の候補となるレースは、来週の阪神戦であれば4月8日(土)阪神4R 3歳未勝利(芝2000m)あるいは4月9日(日)阪神4R 3歳未勝利(芝1600m)、大事を取って一週開けるのであれば4月15日(土)阪神4R 3歳未勝利(芝1800m)または4月16日(日)阪神4R 3歳未勝利(芝2000m、牝馬限定戦)と番組自体は豊富で優先権も所持していますから、回復さえ進めば続戦先には苦労しないはず。
 
患部の炎症が長引かないように、そして次こそは「出たとこ勝ち」を叶えるためにも、まずはしっかりと患部のケアを進めてくれれば、と思います。
 

 

出資馬近況(3/23) ディメンシオン、まずは軽めから

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ディメンシオン
 
 
17.03.23
 
栗東トレセン在厩。ここまでは普通キャンターによる調整となっています。
 
「昨日は坂路、今朝はウッドで。速いところは週末からで良いでしょう。競馬を使った後もイライラする様子はなく、今のところ反動らしい反動は見受けられません。次走は4月1日(土)阪神3R 3歳未勝利・牝(芝1800m)を中心視しており、ここに向かう場合の鞍上は、川田将雅騎手を予定しています」(田代助手)
 
 
次走に向けて栗東で調整中のディメンシオンは、(初戦の段階である程度仕上げていた事もあってか)まだ軽めの調整に留めているようですが、未勝利デビューだった初戦のダメージは殆ど無かったようで、このまま問題なく続戦出来そうなムードですね。
 
また、その続戦先は4/1(土) 阪神3R・3歳未勝利(芝1800m、牝馬限定戦)が有力であり、その場合の鞍上は川田将雅Jになる、とのこと。
 
同じレースに出てくると噂されているリアルスティールの全妹(カデナダムール)あたりに先約があったのか、あるいは裏の中山でダービー卿に乗るのかは分かりませんが、稽古にレースにと教育を施しつつ乗ってくれていた福永Jの手を離れることになるのは少し残念。
 
とはいえ、代役の川田将雅Jも正真正銘のトップジョッキーの一人ですから、問題なく手綱を任せられる人選だと思います。
 
 
2週前の現段階では相手関係は未知数ですが、目標としている4月1日の未勝利戦には上記のカデナダムールに加えて社台RHのディープ産駒エレクトロニカも回ってくるという話があり、牝馬限定戦ながら骨っぽいメンバーになる可能性が出てきました。
 
その他の馬の動向次第では、牡馬相手だった前走以上にハイレベルな一戦になるかもしれませんが、大手クラブの素質馬たちが相手でも素質の高さでは一歩も譲らないはず。
 
きちんと結果を出すのはもちろんのこと、内容的にも今後の楽しみが広がるようなレースになってくれれば・・・と思います。
 
 

 

出資馬近況(3/23) クレッシェンドラヴ、秋を見据えて放牧へ

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
クレッシェンドラヴ
 
17.03.23
 
トレセンにおいて前走後の様子を窺ってきましたが、思うような回復が見られないことから、本日、ドリームファームへ放牧に出ています。
 
「何とか疲れが抜けないものかとケアに努めてきましたが、まだ背腰の状態がひと息。未完成の段階で無理をさせるわけにはいきませんし、在厩日数もかなり長くなっていますので、正式に春競馬を断念し、いったん牧場で体を緩めて立て直しを図ることになりました。乗り味のイイ馬ですから、成長が進めばもっと力を発揮できるようになるはず。まずは英気を養い、フレッシュな状態で下半期を迎えられればと思います」(篠原助手)
 
 
初勝利直後から在厩のまま心身のケアが続けられ、続戦するのか放牧なのか、続戦ならどこを目指すのか・・・とやきもきさせてくれていたクレッシェンドラヴですが、最終的な決定は「放牧」となりました。
 
春のクラシックを諦めるのは苦渋の決断ですが、この休養は「クラシックロードからの撤退」ではなく「秋に向けての転進」である、としたいところ。
 
線の細い体の作りや他馬を気にする気性など、心身ともにまだまだ成長途上といった感じのクレッシェンドラヴだけに、この放牧は今後の競走生活に向けて大きなプラスになってくれるはずですからね。
 
また秋に元気な姿を見せてくれるよう、そして秋こそは大きな舞台を狙っていけるように、夏の間にしっかりと体を作ってきてくれれば、と思います。
 
 

 

出資馬近況(3/23) ゼロカラノキセキ、態勢を整えて

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ゼロカラノキセキ
 
17.03.23
 
美浦トレセン在厩。今朝はウッドにて普通キャンターを消化しています。
 
「春にむけてレースを使えば良くなってくるかと思っていましたが、どうも体調面や毛づやがイマイチ。トモなどに疲れが溜まっているのか、叩き良化の手応えがあまり感じられないというのが正直なところです。したがって、福島の開幕週(4/8、9)はひとまず回避かと。獣医師にも診てもらいつつ、馬の様子と相談しながら進めていき、その中で次走を検討していければと思います。外傷については、何ら問題ありません」(尾関調教師)
 
 
先週の近況では福島へ転戦する可能性が示唆されていたゼロカラノキセキですが、「叩き良化の手応えがあまり感じられない」という事で、次走予定は白紙撤回となりました。
 
仮に前走からの上積みが無かったとしても、次回も同じだけ走ってくれれば今度は掲示板は堅いのでは、と思います・・・が、今のゼロカラノキセキは降級前の4歳馬という事もあり、求められている結果は「1着」のみですからね。
 
また、以前から「フレッシュな状態の方が走る」と言われてきたゼロカラノキセキですから、「ここで無駄に数を使って消耗するよりも、目標を絞って一戦一戦に全力投球していく方が得策」という考えもあるんじゃないかな、と思ったり。
 
ここは急がば回れ、多少時間はかかったとしてもしっかりと態勢を整えて、万全の状態で次走に当たってくれれば、と思います。
 
 

 

15年産世代の出資馬名決定と育成馬近況



日曜馬スぺ(?)、今回の主役は2歳馬。

馬名選挙と登録申請を経て、広尾TCの15年産世代=現2歳世代の出資馬の馬名が正式に決まりましたので、近況とひとまとめに見ていこうかなと。



ベイビーローズ'15→フッフール(Fuchur)

「幸運の竜ファルコンの原典『はてしない物語』での名。父からの連想。」

スマートファルコン×母ベイビーローズ(母の父Singspiel

栗東小崎憲厩舎入厩予定


フッフール

17.03.13

競走馬名は「フッフール : Fuchur」に正式決定。小説に登場する竜の名。父名ファルコンより連想しての命名となりました。


17.03.17

坂東牧場在厩。ウォーキングマシン60分、ダク1000mの準備運動後、周回コースと坂路を併用してハロン17~20秒ペースのキャンター3500mを乗り込まれています。馬体重426kg(3/10測定)

「坂路調教の割合を増やし、現在は週に6本。日に2本登坂したり、1本登坂した後にスピードを緩めずにトラックを一周半したりと、それなりに負荷のかかるメニューを与え、鍛えているところです。だいぶ筋肉のメリハリがつき、着々と良化中ですが、これから心身ともに発達していく時期でもありますし、目方やサイズ的にもうひと回りの成長が欲しい印象もありますので、『目下は時計を詰めることよりも、成長を促すことを優先して』(調教師)、焦ることなく進めさせてもらっています」(荒木マネージャー)


まず一頭目、出資馬ベイビーティンクの半妹にあたるベイビーローズ'15の競走馬名はフッフールに決定しました。

馬名由来は、「小説に登場する竜の名。父名ファルコンより連想して」とのこと。


「うん?ファルコン=英語でハヤブサでは?どうして竜なんだろう?」と思い、名前の元ネタとされる小説「はてしない物語」について調べてみると、これが実に良く考えられた命名だったようで・・・

同小説に登場する竜「フッフール」は、主人公と共に旅をするパートナー(で良いのかな?)として、作品の中心的な役割を担うキャラクターとして書かれているとのこと。

そして、小説「はてしない物語1984年に「ネバーエンディングストーリー」の邦題で映画化(そういえば私も昔見たなあ)されており、その「ネバーエンディングストーリー」では原作の「フッフール」が「ファルコン」と改名(?)されて登場するという事で、(あくまでも想像ですが)ここから連想しての命名だったのでは、と思います。

また、同作品の中でフッフールは「希望と幸福の竜」「ラッキードラゴン」であるとされている、とのこと。

我らがフッフールもその名にあやかり、幸多い競走生活を送れることを願いたいものです。




スイートマカロン'15→パワーバンド(Power Band)

「エンジンが最も効率良く力を発揮できる回転領域の意。」

ディープブリランテ×母スイートマカロン(母の父 Tale of the Cat)

美浦二ノ宮敬宇厩舎入厩予定


パワーバンド

17.03.13

競走馬名は「パワーバンド : Power Band」に正式決定。 “エンジンが最も効率良く力を発揮できる回転領域”を表す、車やバイク用語からの命名となりました。


17.03.17

ファンタストクラブ内木村牧場在厩。おもに屋内ダートコースにてハッキング及び軽いキャンター3000mを消化。週1回、坂路にてハロン16~17秒ペースのキャンター1本を乗り込まれています。馬体重470kg(3/10測定)

「一番進んだ組で乗り進めており、(坂路では)自然と終い15秒台が出ることもあるほど。引き続き、力の要る深いダートで後駆を鍛えながら、来月からは坂路で15-15も取り入れていきたいですね。発達しつつある筋肉の質はスプリントタイプといった感じで、フットワーク自体は跳びが大きく、関節を柔らかく使った中距離以上の走り。これらが成長とともに組み合わさっていく中でどのような個性となってくるのか、楽しみに見守っていきたいところです」(川嶋担当)


次に2頭目、出資馬ゼロカラノキセキ&広尾TC所属馬デストリーライズの半弟にしてディープブリランテ産駒のスイートマカロン'15の競走馬名はパワーバンドに決定。

その由来は「エンジンが最も効率良く力を発揮できる回転領域”を表す、車やバイク用語」とのこと。

その「パワーバンド」は「燃費が求められるエコカーなどでは低く、速度が求められるスポーツカーなどは高く設定されている」そうで、なんとなく大食らい(燃費)でパワフルな走りが想像されますよね。

クラブ所属の兄姉が共に勝ち上がっている血統背景はもちろんのこと、同世代の中では(おそらく)一番育成の進度が早く、そのためか募集馬の中で一番「売れている」パワーバンド

その名前に違わない馬力全開の、爆発的な走りに期待します。




ハイアーラヴ'15→キングオブハーツ(King of Hearts)

ハーツクライ産駒の王となって欲しい。」

ハーツクライ×母ハイアーラヴ(母の父Sadler's Wells)

栗東野中賢二厩舎入厩予定


キングオブハーツ

17.03.13

競走馬名は「キングオブハーツ : King of Heart’s」に正式決定。“ハーツクライ産駒の王”になって欲しいとの願いが込められています。

17.03.17

坂東牧場在厩。ウォーキングマシン60分、おもに周回コースにてダク1000m、ハロン17~25秒ペースのキャンター3500mを乗り込まれています。馬体重448kg(3/10測定)

「まだ若馬らしいフワっとした走りになりがちで、走行フォームが定まりきっていない段階でもありますので、基本的には坂路よりも周回コースをメインに少しずつピッチを上げているところ。それでも普段からやる気を表に出し、与えられた課題をへこたれることなく、日々しっかりとこなしてくれていますよ。馬の成長に合わせるようにじっくりと進めていることもあって、以前ほどカリカリする感じはなく、徐々に落ち着きが出てきたように思います」(荒木マネージャー)


出資馬ハイアーラヴクレッシェンドラヴ姉弟の半弟、ハーツクライ産駒のハイアーラヴ'15の競走馬名はキングオブハーツに決定しました。

その馬名には「ハーツクライ産駒の王”になって欲しいとの願いが込められています」とのことで、これはもうストレートに強そう!というのが第一印象。

分かりやすい由来・ストレートな命名・格好の良い名前の響きと3本揃い、名前で売れそう(失礼?)な馬名ですよね。

ハイアーラヴの仔に出資するのは前出のルックオブラヴ・クレッシェンドラヴに続いて3頭目と血統的な思い入れもあり、また半兄クレッシェンドラヴが待望の初勝利を挙げたことから「旬」な一頭という感も。

今はまだ一介の二歳馬のキングオブハーツですが、いずれは「ハーツクライ産駒の王」という名に負けない、大物に育ってほしいものです。



その他、同世代の未出資馬や出資候補としている馬たちの馬名も決まりましたが、それはまた別の機会に(気になる方は倶楽部の公式ページまで!)。

まだ微妙に慣れない呼び方ではありますが、フッフール・パワーバンド・キングオブハーツの3頭がこれからどんな馬に育っていくのか、牧場や育成場での様子を楽しみにしていたいと思います。



出資馬近況(3/16) ディメンシオン、ダメージ軽微で続戦へ!

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ディメンシオン
 
 
17.03.16
 
栗東トレセン在厩。すでに騎乗を再開しています。
 
「もう昨日から跨って角馬場入りしているように、レース後も全然大丈夫そう。ダメージがほとんどない状態で初戦を終えることができました。このままトレセンで様子を見ながら調整を進めていき、第2回阪神開催の2~3週目あたりに続戦していければと思います」(田代助手)
 
 
未勝利デビューの初戦から中々のパフォーマンスを見せてくれたディメンシオンですが、レース後も順調そのものの様で、既に騎乗も再開されているとのこと。
 
道中こそスローで流れたとはいえ、初入厩からストレートでの実戦、それも終いで3F34.0の上りを使った反動はどこかに出てくるのではと心配していましたが、思った以上にタフな馬のようですね。
 
初戦の前から「一度使えばグンと良くなる」と言われていたことですし、このまま無事に続戦して「グンと良くなった」姿を見ることが出来そうで何よりです。
 
 
その続戦先は「第2回阪神開催の2~3週目あたりに続戦していければ」という事ですので、4月8日(土)阪神4R・3歳未勝利(芝2000m)4月9日(日)阪神4R・3歳未勝利(芝1600m)4月15日(土)阪神4R・3歳未勝利(芝1800m)4月16日(土)阪神4R・3歳未勝利(芝2000m、牝馬限定戦)あたりが有力になるかなと。
 
どこに出てきても上位人気&好勝負は間違いなしと思いますが、特に競馬というスポーツにおいて油断は禁物。
 
厩舎のポリシーである「一戦必勝」の旗の下、必勝態勢で一気に決める!という気持ちで頑張ってほしいものです。