hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 13年産(現4歳世代)→ゼロカラノキセキ 14年産(現3歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現2歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15)/パワーバンド(スイートマカロン'15)/エンジェルリード(ステラリード'15) 16年産(現1歳世代)→スイートマカロン'16/Miss Fear Factor'16/フェニーチェ'16

出資馬出走結果(7/14) エンジェルリード、残念な敗戦

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

エンジェルリード

 

18.07.14


差のないスタートから前半は好位の内を追走するも、ペースが上がった3角より位置取りを落としてしまい、結果8着での入線となっています。


「スタートして勝ち馬を見るようなポジションでレースを進めて行ったのですが、勝負所でややゴチャついてしまい、頭を上げて推進力を欠くような感じになってしまいました」(黛騎手)


「勝ち時計もそれなりの決着でしたし、休み明けにしては、この馬にとってタフな競馬になってしまいました」(尾関調教師)


◆滞在競馬も手伝って、何とか目方を戻して(458kg)の出走。理想は内からハナにでも立ち、自分のリズムを保ってレースを進める形でしたが、やむなく内々を追走しているうちに頭の位置が高い走りになり、粘り腰を見せることができませんでした。なお、このあとは、「馬の状態と相談をしながらですが、中2週で8月4日(土)札幌6R 3歳未勝利(芝2600m)あたりを意識していく」(師)予定になっています。(HTC)

 

 

最初の一歩は遅かったものの、二の脚はついて先団へ。

 

そのままハナまで行くかと思われましたが相手も譲らず、無理せずに3番手のインに付けます。

 

1周目の4コーナーで人気馬が捲るように進出、その煽りを受けて少し窮屈になるようなシーンもありましたが、2周目に入るころには中団馬群と先行勢との間を1頭ポツンと追走するような格好に。

 

ここから長く脚を使い続ける形なら…と思われたものの、勝負所に差し掛かって後続が外目を上がってくる所で反応が遅れてポジションを悪くしてしまい、後方の内目で直線を向くことになってしまいます。

 

直線でも伸びず止まらずの競馬をしていたものの、「頭を上げて推進力を欠くような感じ」になってしまい最後は失速、11頭中8番手でのゴールとなりました。

 

 

 

・・・ということで、エンジェルリードの復帰初戦は8着(10番人気)でした。

 

切れる脚は無いので位置を悪くしてしまった時点で運の尽き、勝負所でスムーズならもう少し上の着順には来られていたと思いますが…「勝つならここしかない」と意気込んでいた一戦だっただけに、何とも残念な結果に終わってしまいました。

 

過去の好走凡走の例からも、もう少し展開や時計面で恵まれないと厳しい…というのはあるにせよ、この条件でなら勝ち負けに持ち込めて良いと思っていたのですが・・・うーん、重ね重ね残念です。

 

 

初勝利に向けては単純な脚力に加えて走法の問題等々も残している現状ですが、今から1か月でパワーアップしろというのは流石に酷でしょうから、ここからは今のエンジェルリードが持っている力で何とかするほかありません。

 

今回は満足のいく結果を出せなかったものの、休み明けで体を増やしていたのは良い傾向かと思いますし、次はここを叩いての代わり身に期待したいところです。

 

さて、この後は「中2週で8月4日(土)札幌6R 3歳未勝利(芝2600m)あたりを意識していく」とのことで、レース後もこのまま北海道に残り、来週から始まる札幌開催に続戦をかけていくようですね。

 

権利を持っていない状態での続戦となりますが、長丁場の未勝利戦は毎年頭数が少なくなりがちですし、中2週でも出走の余地は十分にあるはず。

 

残された時間もあと僅かになっていますから、次回はなんとか前進を見せてもらいたいと思います。

 

更新遅延のお知らせと週末の展望

 

 

競馬場で聞かれる人馬の声に、蝉の声が混ざりはじめる季節となってまいりました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、私事ではありますが、明日から帰省のため遠方へと出ていく予定となっているため、金・土・日・月とブログの更新が出来なくなりますので、今のうちに週末の出資馬たちの出走予定に触れておこうかなと。

 

この記事を書いているのは木曜の夜で、現時点では枠順すら未確定で前売りオッズも不明となりますので、予めご容赦ください。

 

 

 

先々週のクレッシェンドラヴ・先週のディメンシオンと、ここのところ2週連続で勝利を届けてくれている出資馬陣営から、今週は2頭が出走を予定しています。

 

 

まず先陣を切るのは土曜函館4Rの未勝利戦・7月14日(土)函館4R 3歳未勝利(芝2600m)に出走するエンジェルリードで、これが3か月ぶりの復帰戦となります。

 

春以来の久々ですが鉄砲は効くタイプ(経験自体が1度だけですが…)ですし、リフレッシュの効果で状態が上向いている印象もあり、以前は頼りなかった調教の動きも函館入厩後は確実に良くなってきているなどパワーアップも感じられますから、総じて「過去最高のデキ」でレースを迎えられるのではないかなと。

 

そして何より、今回は時計の掛かるコンディションとなった函館コースでの長距離戦という、エンジェルリードにとって現状ベストと思える舞台設定が揃った一戦となっているだけに、ここは一変を期待したいところ。

 

二桁着順が続く直近の成績から人気薄、おそらくは下から数えた方が早いくらいの単勝人気になるかと思いますが、ここは「一発を狙う」以上の色気を持って臨むレースになりそうです。

 

 

そして、日曜函館10R・7月15日(日)函館10R 北海ハンデキャップ(芝2600m、3歳以上1000万下・ハンデキャップ競走)にはクレッシェンドラヴがスタンバイ。

 

こちらは先々週に函館で500万条件を勝ち上がってから中1週での参戦で、4か月ぶりの久々だった降級戦を勝っての再昇級戦。

 

今回は1月1走を目安として使ってきた過去のキャリアから初めて間隔を詰めてのレースになるのがどう影響するか、そしてハンデ頭となって他馬との斤量差がどう出るかですが、既に1000万特別2着の実績がある馬で昇級は形だけ。

 

気の悪さがある馬だけに鞍上とのタッグ継続も心強い限りですし、昇級戦で道中からペースアップが期待でき、かつ確たる逃げ馬がいるここはレースもしやすそうですから、普通に走れば勝ち負けになってくれるはず。

 

いよいよ充実期に入って安定感が出てきたとはいえ、本当の意味で馬が出来上がるのは来年に入ってからだと思っていますが、出来る事ならここも一気に突破して、夏の間に更に上のクラスへと進んでいってもらいたいと思っています。

 

 

 

・・・ということで、今週は函館に在厩中の関東馬2頭に頑張ってもらいたいところ。

 

かたや夏の飛躍を誓う4歳の3勝馬、かたや生き残りをかけてレースに臨む3歳夏の未勝利馬と立場は違いますが、どちらも勝利を意識できると思っていますし、出資馬の連勝記録をさらに伸ばしてくれるよう期待したいと思います。

 

出資馬近況(7/11) ディメンシオン、放牧を挟んで新潟へ

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

ディメンシオン

 

18.07.11


本日、いったん吉澤ステーブルWESTへリフレッシュ放牧に出ています。


「重馬場の中、頑張って走ってきた後ですが、ひとまず大きな反動はなさそうですよ。このあとはリフレッシュを兼ねて、牧場のほうで回復状況を確認。引き続き問題がないようであれば2週間ほどでトレセンに戻し、8月11日(祝・土)新潟9R 三面川特別・牝(1000万下・芝1800m)への出走を意識していこうかと思っています」(田代助手)

 

 

先週のレースで降級初戦を見事白星で飾ってくれたディメンシオンですが、新潟への続戦を視野に入れつつも一度放牧に出され、まずは回復状況を窺っていくよう。

 

そのうえで、大きなダメージが無いようであれば「2週間ほどでトレセンに戻し、8月11日(祝・土)新潟9R 三面川特別・牝(1000万下・芝1800m)への出走を意識していこう」ということで、この後は中4週となる来月の新潟戦への参戦を意識しながらの調整となるようですね。

 

古馬になっても相変わらず入れ込みや馬体減の不安があり、詰めて使うリスクが人並み(馬並み?)以上に大きい馬でもありますから、続戦するにしても一息入れてから臨む形になるのは良いはず。

 

落ち着いて臨む事が出来れば昇級即通用は間違いないと思いますので、まずはしっかりと疲れを癒し、万全の態勢を整えたうえで次に進んでくれればと思います。

 

週末の特別登録(7/8) クレッシェンドラヴ、北海ハンデキャップに特別登録

 

JRAのホームページにて、クレッシェンドラヴが出走を予定している今週末の日曜函館10レース・7月15日(日)函館10R 北海ハンデキャップ(芝2600m、3歳以上1000万下・ハンデキャップ競走)の特別登録馬が発表されています。

 

 


2018年7月15日(日)

 

北海ハンデキャップ

第1回特別登録  12頭

 

サラ系3歳以上 (混合)[指定]3歳以上1000万円以下 

ハンデ2600m 芝・右

 

アインザッツ 55.0
アグネスリバティ 55.0
エスティーム 56.0
オリエントワークス 51.0
オールドクラシック 55.0
クレッシェンドラヴ 56.0
ジェシー 53.0
フレンドミラクル 54.0
ホリデーモード 53.0
ポンデザムール 52.0
マサハヤダイヤ 54.0
マスターコード 54.0

 

 

…ということで、今週末の函館競馬場で我らがクレッシェンドラヴと一戦を交える可能性のあるメンバーが発表されました。

 

登録頭数は12頭に止まってフルゲート割れも確定、週中の動向次第ではここから更に頭数が減ることも想定でき、手頃な頭数でのレースになってくれそうですね。

 

ただ、その中には現級上位の実績馬や勢いのある3歳馬、そして2走前に実際に先着を許していエスティームなど、気になる名前がチラホラ。

 

それでも、メンバー的には強敵揃いだった3月の潮来特別よりも与し易そうな印象で、ハンデとの兼ね合い次第にはなりますが、我らがクレッシェンドラヴも人気上位の一角、あるいは1番人気での出走も十分にあり得そうなメンバー構成となっているように思えます。

 

気難しい面を見せながら楽勝した前走、そして強敵相手に僅差の2着となった2走前の内容からも(再)昇級は形だけで、このメンバーに混ざっても力量は間違いなく上位のはずですから、今回も敵は他馬よりも自分自身、コンディションやメンタル面の方かなあと。

 

小回りの長距離戦かつハンデ戦とあって紛れもありそうな一戦ではありますが、クレッシェンドラヴが普通に走れば問題なく勝ち負けに持ち込めると思いますので、ここでも好走以上の内容を期待したいと思います。

 

出資馬出走結果(7/7) 一気差し切り!ディメンシオン、降級戦を快勝!

 

昨日の中京競馬8レース、7月7日(土)中京8R 3歳以上500万下(芝1600m、牝馬限定戦)に出走したディメンシオンは1着でした!

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

ディメンシオン

 

18.07.07


差のないスタートから、道中は中団馬群の一角。直線に向いて外目に持ち出されると、残り200mを過ぎてエンジン全開。ゴール前できっちりと差し切り、3勝目を挙げています。


「この(重)馬場で前が残りやすい状況ですからね。あの位置からになったため、内心届くかどうか余裕まではありませんでしたが、馬がよく頑張ってくれました。外に持ち出すのが少し早かったような気もしますけど、差せたので良かったです。それほど馬場を気にする感じはありませんでした」(福永騎手)


パドックから馬場入場後もイレ込む様子を見せており、レース前半は前に馬を置き、ロスなく折り合いに専念。プラス体重(+8kg)、降級の利も活かし、最後は先行する2頭を図ったように捉え、力の違いを見せてくれました。なお、このあとは、「あくまでも馬の様子を見ながらにはなるが、第2回新潟開催への続戦を考えてみたい」と調教師。この勢いを駆って、充実の夏としたいところです。(HTC)

 

 

 好スタートからいきなり掛かり気味に行きたがるのを押さえ込み、内の馬を行かせて中団後方に控えます。

 

頭を上げながら走る馬を制御つつ内へと入れて前に壁を作り、何とか宥めて3コーナーへ。

 

馬群を捌くようにして徐々に位置を上げていき、4コーナーでもインで上手く立ち回って先行馬群との距離を詰めつつ、コーナーの出口で一気に外へと持ち出し直線へ。

 

この時点で前を行く2頭とはまだ差があり、捕らえきれる伸び脚があるかどうかという所でしたが、坂を上ってエンジンが掛かると猛追を開始。

 

みるみるうちに前との差を詰めると、ゴール前では競り合う2頭をまとめて差し切り、そのまま半馬身差をつけて快勝。

 

降級初戦できっちりと白星を挙げ、通算3勝目を手にしています!

 

 

・・・ということで、我らがディメンシオンの降級初戦は1着(1番人気)でした!

 

残り200m地点まで前を行く2頭のマッチレースとなっていたように、本来は4コーナー2番手からメンバー3位の3F=36.1の上りを使った2着馬が勝ち、逃げる形からそれとコンマ1秒しか変わらない上りを使って粘った3着馬が僅差の2着となっているべきレース(2着ルナステラと3着スターリーステージ、この2頭とはいずれ再戦の機会があるかもですね)。

 

逃げ馬とそれについて行った3歳2騎が叩き合いながらゴールに向かっていく中、一頭だけ後方からメンバー最速となる35.4の上りを使って猛追、どころか実況アナが「どれだけ接近できるか」と逆転は難しいかのように伝えていたほどの差をひっくり返して勝ってしまうのですから、これはもう力が違ったとしか言いようがないでしょう。

 

実際、モニター越しに見ていた私も坂の上りで「これは届かないか…」と取りこぼしを覚悟したほどだったのですが、そこからの伸び脚は時計以上に出色のもの。

 

鞍上の福永祐一Jが直線入り口で上手く捌いてくれたこと、そして雨の降り出しが遅れたことによって馬場レベルが「重」で踏みとどまってくれたことも良かったのかなと思いますが、昨秋より軽い馬体重に相変わらずのイレ込み具合と決して万全の状態とはいかない中でこれだけのパフォーマンスを見せてくれるのですから、本当に充実しているのだなあと・・・

 

今なら既に突破のメドを立てている1000万条件はもちろん、その更に上のクラスも一気に突破してくれそうな凄味がありますし、次走が今から楽しみです。

 

そんな次走についてですが、藤原先生は「第2回新潟開催への続戦を考えてみたい」とのことで、今月末から開幕となる新潟開催への続戦を視野に入れている様子。

 

 色々な条件を使ってきた中で、現時点では3勝全てが左回りのマイル戦となっていることですし、新潟は昨秋に特別戦を勝っている相性の良いコースですからね。

 

 続戦の可否についてはあくまでも馬の状態次第になるかと思いますが、昇級は形だけで1000万条件にクラスの壁は全く無いと言い切れることですし、昇級初戦から大いに期待したいところですから、今はレース後に大きな反動が出ないこと、そして今後も順調にいってくれることを願うばかりです。

 

出資馬出走情報(7/7) ディメンシオン、重い馬場を乗り切れば

 

近況の方でもお伝えした通り、明日の中京競馬8レース・7月7日(土)中京8R 3歳以上500万下(芝1600m、牝馬限定戦)に我らがディメンシオンが出走します。

 

前日夜23時現在の前売りオッズは、単勝2.6倍の1番人気。

 

他の降級馬や勢いのある3歳馬が混ざるメンバーの中にあっても力量・実績共に抜けた存在で、明日のレースでも当然上位人気、恐らくはこのまま1番人気での出走となるのではないでしょうか。

 

また、枠順は6枠11番となりました。

 

前進姿勢の強い馬だけに壁を作って制御できる内目の枠が理想、かと言って他馬にマークされる立場になる事を考えると極端に内過ぎる枠を引くと競馬が難しそうでもありましたから、ここは近すぎず遠すぎず、ちょうど良い所を引けたのかなと。

 

二の脚が速いタイプで先入れの奇数枠もそこまで問題にならないと思いますから、まずまず満足のいく枠に入れたようには思えます。

 

 

今回は1000万条件で勝ち馬とハナの差2着になってからの降級戦で、準OPクラス相当の力があるディメンシオンがここに混ざってくるというのは事実上の2階級降級戦のようなモノですから、普通に走ればまず勝ち負けになるはず。

 

東京から中京に舞台が替わって輸送距離が減るのにも好感が持てますし、前走比200mの距離延長もプラス材料のように思えますから、残る不安要素は馬場レベルの問題だけでしょう。

 

中京芝の馬場状態は現時点で既に「不良」発表で、中京競馬場周辺はこの後も雨予報が続いているようですから、このまま開催の進行と更なる雨で馬場コンディションがいま以上に悪化した場合、明日のレース直前には恐らく「極悪」と言えるレベルの馬場状態になってしまっているのではないかと・・・

 

本質的には良馬場でこそのタイプでも、多少の雨であれば地力の高さで克服できる…というのは昨年の新潟戦で証明してくれましたが、当時の新潟芝の馬場コンディションは「重」で踏み止まっていましたから、明日の中京芝が「不良」レベルにまで悪化するとなると、流石に不安が残るというのが正直なところ。

 

馬場の悪化で極端にパフォーマンスを落とす、あるいは道悪巧者に脚元を掬われるような事さえ無ければ問題なく突破できる一戦だと思いますから、明日のレースではこの試練の雨を乗り越えて結果を出し、更なる飛躍の足掛かりとしてもらいたいと思います。 

 

出資馬近況(7/5)ディメンシオン、不安は馬場のみ

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

ディメンシオン

 

18.07.05

 

7月7日(土)中京8R 500万下・牝(芝1600m)に福永祐一騎手にて出走予定。


「調整を重ねていく中でも飼葉をちゃんと食べてくれますし、稽古での動きも良好。順調に態勢が整ったとみてよいでしょう。すでに中京で勝っているようにコースとの相性もイイはずですからね。ましてや今回は降級戦。普通に競馬ができればイイところだと思います。あとは馬場が悪くなった時にどうかでしょう」(田代助手)

 

 

今週末の中京戦・7月7日(土)中京8R 3歳以上500万下(芝1600m、牝馬限定戦)への出走を予定しているディメンシオンですが、水曜日には坂路で最終追いとなる時計も出し、レースに向けての態勢を整えてきました。

 

現時点でレースの2日前、普段であれば調教内容や相手関係を気にする所ですが、降級戦となる今回に関しては田代助手の言葉を借りて「普通に競馬ができればイイ」、これが全てでしょう。

 

前走比200mの距離延長で同じ降級馬や血統馬が相手となるものの、ディメンシオンの力量なら普通に走れば普通に勝てる鞍だと思っていますから、折からの雨で馬場が極端に悪化しない限り、まず勝ち負けを演じてくれるはず。

 

グランソヴァールの出走取り消しによる現地行きの回避で私が過去2戦2勝のモニター観戦となることも追い風(?)にして、東西エースの2週連続での勝利に期待したいところです。