Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(9/19)クレッシェンドラヴ、いざオールカマーへ

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

クレッシェンドラヴ

 

19.09.19

 

9月22日(日)中山11R オールカマー(GⅡ・芝2200m)に内田博幸騎手にて出走予定。


「昨日の追い切りは手前を替えるのもスムーズでしたし、動きも良かったですよ。以前よりも馬場入りした後の落ち着きが増してきており、乗っていて安定感がありますね。先週もしっかりやっていることですし、休み明けでも良い状態でレースに臨めると思います。メンバーは一段と強くなりますが、相手なりに走れるような面もありますので、何とか良いところを見せてもらいたいものです。パワーも備えている馬ですから、雨は大丈夫でしょう」(金子助手)

 

 

日曜日の中山競馬メインレース・9月22日(日)中山11R GⅡオールカマー(3歳以上オープン、芝2200m)に向けて美浦で調整が続けられているクレッシェンドラヴですが、今週に入っても(最終追い切りとなった水曜日のコース追いに加えて)坂路時計も2本出すなど精力的な乗り込みでレースに向けての態勢を整え、同レースへの出走も確定させました。

 

中でも水曜の最終追いでは、南Wで5F=66.1-12.7を計時。

 

最終調整を終えての陣営の手応えは各媒体の記事

 

【産経賞オールカマー】クレッシェンドラヴ1馬身先着(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

 

【オールカマー】クレッシェンドラヴ好反応 1馬身先着に金子助手「いい感触」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

 

【オールカマー】クレッシェンド変身!スムーズに手前転換で伸びた(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

 

【オールカマー】クレッシェンドラヴ ウッドで先着「相手なりに動ける強みを生かせれば」(東スポWeb) - Yahoo!ニュース

 

【産経賞オールカマー】ギア全開!クレッシェンドラヴ変わり身十分(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

 

【オールカマー】クレッシェンドラヴ 重賞初制覇へ“ここ一本”(東スポWeb) - Yahoo!ニュース

 

も参照していただくとして、頭記の談話と合わせて見ると「抜け出してからは少し甘さが見られたものの、時計・動きは十分で操縦性も上がっている」という感じで、総じて普段の姿と大きく変わりない、安定感のある追い内容だったよう。

 

陣営としても追い内容や日頃の素振りからメンタル・フィジカルの両面での成長を感じ取れているようですし、また外厩先のテンコーTCから続く調整の流れもこれまでのルーティン通りのもので、今回も仕上がりに不安は無さそうです。

 

となれば後は単純に相手関係や軽い芝への適性がどうかという所になり、こと夏の間ローカル開催で戦ってきたクレッシェンドラヴにとって今回のレースは「一線級相手の腕試し」という鞍になりますが、それだけにここは今後のローテーションを大きく左右する分水嶺ともなり、強敵相手でも力が入る一戦。

 

そんな中でも周囲の下馬評は「3強の一角崩しを狙う中穴馬」といった程度に落ち着いているようではありますが、少なくとも今回のレースへの本気度という部分ではメンバー中でも随一、また力量自体も十分に通用するだけのものを持っているはずですから日曜日の中山では走り慣れた舞台に乗り慣れた鞍上、そして週末の雨予報をも味方につけて古馬王道路線での存在感を一層高めるような競馬を、そして狙い澄ました一戦での大物食いを、それぞれ大いに期待したいと思います。

 

出資馬近況(9/19) グランソヴァール、次走は再びダート戦?

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

グランソヴァール

 

19.09.19


美浦トレセン在厩。まずは運動のみでレース後の様子を見ています。


「前走は秋競馬最初の特別戦ということもあって相手が強かったですが、本馬の持ち味を活かす競馬にはなっていたと思います。詳しくは跨ってからになるものの、今のところはレースを走ってきた分の通常の疲れ程度。このまま問題がないようであれば、10月5日(土)東京6R 1勝クラス(ダ1400m)への続戦を考えていきたいですね。東京の芝は上がりが速くなりそうですから、今度はダートへ。距離の1400mは守備範囲でしょう。使いつつ、さらに力を付けていってくれればと思います」(尾関調教師)

 

 

秋緒戦となった先週のレースでは逃げて4着と見せ場を作ったグランソヴァールですが、久々のレースを終えても「通常の疲れ程度」で済んでいるという事で、この後は在厩のまま続戦という事になる公算が大のよう。

 

そして、その続戦先については「東京の芝は上がりが速くなりそうですから、今度はダートへ」ということで、再来週末の東京戦・10月5日(土)東京6R 3歳以上1勝クラス(D1400m)が有力となっているようですね。

 

おそらくは近3戦の結果を受けての時計の出る芝への適性、また開催が中山から東京に変わってダートの短距離戦が1F延長される事なども総じて見ての判断だったかと思いますが、ともあれ個人的には待望にして熱望していた、左回り半周のダート戦への再転戦。

 

陣営としては「使いつつ、さらに力を付けていってくれれば」という事で、ダートに戻る次回で大幅なパフォーマンスアップを見込んでいるとまでは言えない感じのようではありますが、これまでのレース内容や対戦相手のその後、そして自身の血統的にも砂でこそという期待は大。

 

未だ定まり切っていない今後のの方向性を固めていくためにも、そしてもちろん先々の楽しみを広げる意味でも、次回のレースでは是非とも結果を出し、飛躍への足掛かりにしてもらいたいと思います。

 

出資馬出走結果(9/14)グランソヴァール、復帰初戦からまずまずの競馬

 

 

先週の土曜中山9レース・9月14日(土)中山9R 古作特別(3歳以上1勝クラス・芝1600m)に出走したグランソヴァールは4着でした。

 

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

グランソヴァール

 

19.09.14


スタートを決めて、積極的にハナへ。そのまま先頭で直線を迎えましたが、残り200mを切ってからは流れ込む形となり、結果4着での入線となっています。


「芝やダート、距離、コースなど、どんな条件でも走れるオールラウンダータイプ。ただ、裏を返せば、もうワンパンチが足りないんですよね。この距離の方が楽に好位につけられる分だけ競馬はしやすいですが、だからと言って1400mがダメというわけでもありません。春先は馬がカリカリして行きたがるようなところもありましたけど、今日はそんなところがなく、気性面での成長を感じました。繰り返しになりますが、あともうワンパンチですよね」(戸崎騎手)


「内枠でしたので、『行ければ行って欲しい』と指示。いいペースで逃げてくれて、馬も頑張って走ってくれているんですけどね。時計も悪くないですし、強そうな馬がいる中でのこの結果ですから…。夏を越してひと回り大きくなってくれましたし、トモなどもしっかりしつつあります。まだ成長の余地はあると思っていますので、さらに力をつけていってくれればと思います」(尾関調教師)


◆馬体重の14kg増は成長分もあってのこと。最内枠を活かして積極的に逃げを打って行き、最後まで大きく崩れることはありませんでしたが、枠順やコース、馬場状態を考えれば、もうひと踏ん張りが欲しかったところでしょうか。なお、このあとは「優先権を得ましたが、すべては馬の状態と相談をしながら。芝・ダート・距離など、諸々含めて、よく考えていきたい」(師)と思います。(HTC)

 

 

最内発進でも発馬をしっかりと決め、「『行ければ行って欲しい』と指示」したという陣営の作戦もあってそのままハナへ。

 

これでレースの主導権を握ると、鞍上の戸崎Jは2F目から11.0-11.4-11.3と11秒台前半のラップを刻み続け、バックストレッチを抜けて3-4コーナーへ。

 

そこから勝負所に差し掛かって後続が並びかけて来たものの、これらを内から撥ねつけて1馬身ほどのリードをキープしつつ、しっかりとした手応えも残したままで直線を向きます。

 

そこからは道中と直線入り口でのコーナーワークで作った貯金、そして内有利のバイアスを味方に粘り込みを図りますが、外から一気の伸びを見せた勝ち馬フォルコメンに坂の手前で早々と交わされると、坂の上りで内から伸びてきた2着モンブランテソーロ、そしてゴール前で3着ダンシングチコにも交わされて4番手に後退。

 

それでも人気を背負っていたパルマリアなど後続他馬の伸び脚は抑え込んでゴールに飛び込み、結果4着でレースを終えています。

 

 

ç»å

 

 

…という事で、グランソヴァールの秋緒戦にして古馬との初対決となった一戦は、勝ち馬と0秒5差の4着(4番人気)という結果に終わりました。

 

休養前のレースと合わせて3戦連続となる「掲示板の下の方」という結果で、鞍上としても「もうワンパンチが足りない」という事ではありますが、芝に使った近3走は全て(グランソヴァールにとっては不得手に思える)時計の出る馬場への対応力を求められたもので、そんな中でも4・5・4着と3戦続けて掲示板を確保しているのは立派の一言。

 

加えて初の右回り、どころか初めての東京以外の競馬場での実戦となっても一定の結果を出してきたというのも評価のポイントとなり、また今回は大型馬の休み明けだったという部分も踏まえると、総じてここは4着でも悪くない結果、収穫のあるレースだったと言って良い一戦だったと思います。

 

そういう事もあって、確かにこれなら芝でも(馬場や展開が噛み合えば)現級ならいずれ勝ち切れそう、と言えるくらいの手応えを掴めるところまで来ているのは事実ですし、レース後の鞍上の「芝やダート、距離、コースなど、どんな条件でも走れるオールラウンダータイプ」という見立て、そして開催が中山から東京(と新潟)に移ることも考慮しながら陣営が定める優先権の使い先、次走目標には大いに注目が集まるところ。

 

それについて陣営サイドは「芝・ダート・距離など、諸々含めて、よく考えていきたい」という事ではありますが、適性に合った条件が揃えばすぐにでも2勝目を挙げてくれそうな雰囲気があるだけに、この後も馬の適性とレースの条件をしっかりと精査しながらここと思えるレースに入れていき、迎える次回こそは久々の白星獲得を叶えてもらいたいと思います。

 

ʍȌ

 

 

週末の特別登録(9/22)クレッシェンドラヴ、日曜中山・GⅡオールカマーに特別登録

 

 

JRAのホームページにて、クレッシェンドラヴが出走を予定している今週末の日曜中山メインレース・9月22日(日)中山11R GⅡオールカマー(3歳以上オープン・芝2200m)に特別登録を行った馬の名前が発表されています。

 

 

2019年9月22日(日)4回中山7日

 

第65回 産経賞オールカマー(GⅡ)

第1回特別登録 10頭

3歳以上 (国際)(指定)オープン 別定 2200m 芝・右 外


ウインブライト   58.0
エンジニア     56.0
グレイル      56.0
クレッシェンドラヴ 56.0
ゴーフォザサミット 56.0
ショウナンバッハ  56.0
スティッフェリオ  56.0
トニーファイブ   56.0
ミッキースワロー  56.0
レイデオロ     58.0

 


…ということで、今週末の中山競馬場で我らがクレッシェンドラヴと一戦を交える可能性のある馬たちの名前が発表されました。

 

その一覧に目をやってみると、同期のダービー馬レイデオロに同じく同期の海外GⅠ馬ウインブライト、そしてこれも同期にして因縁の相手でもあるミッキースワローの3頭を中心に、一角崩しを狙う立場としてもグレイル・ゴーフォザサミット・スティッフェリオと重賞勝ち馬たちの名前がずらりと並び、少頭数ながら非常に濃度の高いメンバー構成になっている印象。

 

そして何より気になるのが登録各馬の脚質で、直近で逃げの手に出たことのある馬はメンバー中でも前出のレイデオロただ1頭、そのレイデオロにしても(逃げる競馬になった)ドバイSCではハナを切ったというよりも、押し出されて止むを得ずハナに立ってしまったという感じのレース。

 

結果としても8頭立ての6着に終わっているだけに、同馬が今回ここで自分からハナを取りに行く競馬をしていくとは考え辛く、総じて今回は行きたい馬が少ない、というか行きたくない馬が圧倒的に多いという、非常に難しい顔合わせになった印象です。

 

もちろんここは古馬王道路線のGⅡ戦、有力どころが動かないまま人気薄の行った行ったで何もなく終わることは無いとは思いますが、流石にこのメンバー構成の少頭数戦でペースが流れてくれるとは考え辛く、また今の中山芝のコンディションも加味すると、今週末のレースは(パワーが求められる馬場状態で道中のペースも流れていた)福島の二戦とは全く違う質のものになる可能性が大。

 

それだけに、近5走(2-2-1-0)と充実期を迎えて勢いに乗る我らがクレッシェンドラヴにとっても今週末のレースは本当の意味で真価が問われる鞍、古馬一線級の馬たちとの確かな距離が推し量れる一戦という事になりそうです。

 

 

出資馬出走情報(9/14)グランソヴァール、復帰戦の走りは?

 

近況の方でもお伝えした通り、明日の中山競馬9レース・9月14日(土)中山9R 古作特別(3歳以上1勝クラス・芝1600m)に我らがグランソヴァールが出走します。

 

 

前日夜22時現在の夜間売りオッズは、単勝19.7倍の6番人気。

 

新聞の印と比べて見ると流石に直前になればもう少し売れているかとは思いますが、下馬評としては連下から中穴として狙えそうな一頭、という程度の扱いになるでしょうか。

 

 

また、枠順は1枠1番という事になりました。

 

跳びの大きな馬だけに最内発進は正直どうかという思いがある一方、上手く出していくことが出来れば距離ロスを抑えながら位置を取っていけそうな所でもあり、良くも悪くも結果を大きく左右してきそうな枠目を引いてきたかなと。

 

特に、今の中山芝では最初の一歩の踏み遅れが致命傷にもなり得るだけに、まずは発馬をしっかりと決めたうえで二の脚も付け、意識的に前目のポジションを取りに行って欲しいもの。

 

それでも鞍上の嗜好として明日のレースで一気にハナまで行くかとなると?ですが、ひとまず前目前目で運びながら少し早めに外へと切り返すような競馬、ちょうど先週のディメンシオンと同じような競馬の進め方が理想の形という事になるのかな、と思っています。

 

 

さて、夏を充電期間に充てていた3歳馬グランソヴァールが、いよいよ待望の秋シーズン初戦を迎えます。

 

今年はここまで4戦して未勝利という成績に甘んじていますが、馬自身が持っている素質自体は同期の父産駒の中でも1・2を争えるレベルのモノがあるのでは、と惜敗続きの中でも今後の飛躍を密かに期待し続けている一頭。

 

ただその一方、(スピードよりもパワーが勝ったタイプという印象もあって)今の中山のような馬場、時計の出る芝への適性という部分には疑問符が付くようにも思いますが、春先には同じく時計の早かった東京コースでも一定の結果は出してくれており、ひとまず性能の高さでカバーできる範囲ではあるのかなと。

 

それでも今回は叩き良化タイプの休み明けという事もあり、明日の中山でも先ずは無事の完走を絶対条件として、そのうえで今後に繋がるような内容のあるレースをしてくれれば合格点という事で良いかな、というのが正直なところ。

 

もちろん久々からでもこちらの想像以上の結果、休み明け初戦からいきなりの快走を見せてくれれば何よりの事ではありますし、3歳シーズンの秋初戦で低評価に反発する力走を見せてくれた半姉と同様に、夏を越えてこちらの想像を上回るほどに心身を充実させてくれている可能性は大いにあるはず。

 

いずれにしても明日の中山で「身体が成長し、トモもしっかりした」と陣営が語るグランソヴァールの新たな姿が見られるというのは楽しみな限りで、出来る事ならそこからレースに行っても夏を越えての成長が感じられる走り、そして今後にメドの立つ競馬を見せてもらえれば、と思います。

 

出資馬近況(9/12)グランソヴァール、まずは無事に

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

グランソヴァール

 

19.09.12

 

9月14日(土)中山9R 古作特別(1勝クラス・芝1600m)に戸崎圭太騎手にて出走予定。


「馬体の成長もありますので、プラス体重でも太目感はなく、これで順調に仕上がったと思います。春先よりもトモがしっかりしつつあるようですし、いい雰囲気でレースに臨めそうですよ。初めての中山コース、それに時計が速そうな馬場ですから、何とかうまくレースの流れに乗っていきたいところです」(尾関調教師)

 

 

今週末の中山戦・9月14日(土)中山9R 古作特別(3歳以上1勝クラス・芝1600m)に向けて美浦で調整が続けられているグランソヴァールですが、水曜日には南Wコースでの最終追い切りを消化して態勢を整え、同レースへの出走も確定させました。

 

その最終追い切りは南Wで5F=67.3-12.4、同期の僚馬を追走同入というもの。

 

Wコースがリニューアル直後とあって時計に関してはもう一つ掴みかねる所はありますが、陣営としては「順調に仕上がった」ということで、ひとまず悪くない追い内容にはなってくれたようですね。

 

それでも今回は叩き良化タイプの休み明けで、また今の中山の「時計が速そうな馬場」がどうかといったところもあり、ここは「まずは無事に」というのが何よりの目標という事にはなるかなと。

 

ただ、同じく時計の速い馬場コンディションの下で行われていた春先の2戦でも大崩れすることなく結果を出してくれていましたし、力量的にも古馬1勝クラスでも通用以上の競馬を見せられるだけのモノは持っているはずですので、今週末の中山では難しい舞台設定の中でも夏を越えての成長が感じられるレース、そして今後にメドの立つ走りを見せてもらえれば、と思います。

 

出資馬近況(9/12)クレッシェンドラヴ、1週前も順調に

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

クレッシェンドラヴ

 

19.09.12


美浦トレセン在厩。今週は、内田博幸騎手を背にウッドチップコースにて追い切られています。


「前運動の時などに煩くするようなところはありますが、これはいつも通りのこと。牧場からほど良い感じで戻ってきましたし、帰厩後の感触も良好ですよ。9月22日(日)中山11R オールカマー(GⅡ・芝2200m)に向けて、一週前追いとなる今週は、内田博幸騎手に跨ってもらって終いしっかりと。順調に調整が進んでいます」(長峯助手)


「終い追って、楽に抜け出した感じ。これで来週もう1本やれば大丈夫でしょう」(内田騎手)

 

 

来週末の中山戦・9月22日(日)中山11R GⅡオールカマー(3歳以上オープン・芝2200m)に向けて美浦で調整が続けられているクレッシェンドラヴですが、木曜日にはウッドで1週前追いとなる時計を出すなど順調に乗り込まれ、レースに向けての態勢を着々と整えてきています。

 

その今朝の追い切りでは、先週予告されていた通り主戦の内田Jを背に、新装開店の南Wで5F=68.4-11.9を計時。

 

稽古での動きの良さは相変わらずのものですが、特に「終い追って、楽に抜け出した」という最後の1Fは12秒を切る時計で抜けてきており、ウッドでの終い1Fの時計としては自己最速のもの(だったはず)。

 

終い重点のラップの中でも充実ぶりが感じられる追い内容だったと思いますし、これなら久々の実戦に向けても「来週もう1本やれば大丈夫」という事ですから、この調子で更に乗り込みを積んで態勢を整え、来週末のレースでは万全の調子をもって強敵撃破に挑んでもらいたいと思います。