hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 引退馬→ゼロレボルシオン/アカラ/ルックオブラヴ 13年産(現3歳世代)→ベイビーティンク/ゼロカラノキセキ 14年産(現2歳世代)→ディメンシオン(ミスペンバリー'14)/クレッシェンドラヴ(ハイアーラヴ'14)/ブライトメモリー(マジェスティックブライト'14) 15年産(現1歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15/パワーバンド(スイートマカロン'15)

出資馬出走結果(8/19) クレッシェンドラヴ、健闘及ばず3着まで

 
先週土曜日の新潟9R、8月19日(土)新潟9R 出雲崎特別(芝2400m、3歳以上500万下)に出走したクレッシェンドラヴは3着でした。
 
 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
 
クレッシェンドラヴ
 
17.08.19
 
一線のスタートから、道中は4~5番手の外目。直線にむいて堅実に脚を伸ばしたものの、ゴール前3頭の真ん中で僅かに競り負け、結果3着での入線となっています。
 
「スタートに手間取ることなく、道中も気が悪いようなところは見られなかったですし、どこからでも競馬ができる感じ。出たなりで行ける馬ですよね。直線でちょっとモタモタしてしまいましたが、最後まで脚が上がることはなく、まだ余裕もありましたので、3角あたりからもう少し早めに動き出しても良かったのかもしれません」(岩田騎手)
 
「ここを勝ってセントライト記念が青写真でしたので、合格点を与えることはできませんが、直線で手前を替えられるようになるなど、以前ほど心配する点がなくなってきたという意味では及第点かなと。少しフラつくというか、モタついてしまいましたからね。それにしても、ここは勝っておきたいところでした」(佐々木助手)
 
◆エンジンのかかりが遅く、長くいい脚を使うタイプだけに、一団からヨーイドンのような競馬ではどうしても分が悪くなってしまう様子。鞍上もそれを念頭に置いてレースに臨んでくれましたが、結果的には思い切って4角先頭ぐらいでも良かったということでしょうか。なお、このあとは、「トレセンに帰ってきてからの馬の様子を見ながら。疲れがないようであれば、中山の長丁場への続戦を考えていく」(佐々木助手)予定になっています。(HTC)
 
 
 
五分のスタートから出たなりで進み、まずは中団の外を取って一周目のスタンド前を通過。
 
そこから徐々にポジションを上げていき、先団の直後に取り付いたところで1コーナーへ。
 
序盤は最後方にいたインペリアルフィズが向こう正面で外から動いていった事でレースも動き、3コーナー辺りから後続の手も動き始め、この辺りでクレッシェンドラヴもスパートを開始。
 
仕掛けへの反応にはいつも通り時間がかかったものの、直線を向いてじわじわと伸び始め、直線半ばでエンジンが掛かって猛追を開始。
 
併走の形になっていた馬を置き去りにして前に襲い掛かり、これを一気に捕らえて勝ち切るか…というシーンを作ったものの、外から一気の伸びを見せたコウキチョウサンに並ぶ間もなく交わされ、内で粘るインペリアルフィズも捕らえきれずにゴール板を通過。
 
善戦したものの勝ち切ることは出来ず、3着という結果に終わっています。
 
 
・・・という事で、クレッシェンドラヴの500万条件2戦目は5番人気3着という結果でした。
 
いやあ、良い競馬はしてくれたんですけどねえ…直線を向いてグイっと伸びた時は勝ったと思いましたし、特別戦のメンバーに混ざりながら本当に良く頑張ってくれた…とは思うのですが…。
 
左回りの競馬でも五分以上にやれるところは見せてくれたものの、最後にはレース前から危惧していた「速い上がりを使える馬にやられる」展開になってしまいました。
 
 
勝ったコウキチョウサンの上り3F=33.4に対し、クレッシェンドラヴが使った上がりは3F=34.3止まりでしたし、この上り3F=34.3という時計自体、クレッシェンドラヴにとってはデビュー以来最速の数字(次点は東京戦の34.4)でしたからね。
 
この時計からも、やはり末脚のキレがモノを言うレースや上がり比べのような競馬よりも、バテ合い覚悟のスタミナ勝負、ロングスパートからの持久力戦の方が良さそうなイメージ。
 
従って、今回のレースでももうワンテンポ早めに動いて脚を使い続けるような競馬をしていれば結果は違ったのかなあとは思いますが、流れが更に速くなっていれば勝ち馬の決め手が更に活きたかもしれませんし、勝ち切るまでは難しかったのかなあという思いも若干。
 
色々考え合わせてみても、やはり速い上がりを求められる新潟コースは土俵が合わなかったのかな、というのが正直な感想になるでしょうか。
 
実際、前走の福島戦では今回の勝ち馬コウキチョウサンに先着しているわけで、自分の土俵でなら3勝級の馬を相手に互角以上の戦いが出来る事は証明していますから、条件次第とはいえクレッシェンドラヴが現級上位の力を持っていることは明白。
 
不得手に思えたコースでも大崩れなく走ってくれた事ですし、もう素直に「現級突破は順番待ち」と言って良いでしょう。
 
 
この後は「疲れがないようであれば、中山の長丁場への続戦を考えていく」とのことで、セントライト記念への挑戦は白紙撤回となりました(一応「中山の長距離戦」ではあるので、頭数次第では考えてたりする…のかな?)が、中山へのコース変わりはプラスでしょうし、次こそは確勝といきたいところ。
 
来年こそは重賞挑戦が叶えられるよう、いえ、来年は古馬中長距離重賞の常連になれるように、また一から頑張ってくれればと思います。
 
 
 

出資馬出走結果(8/19) ゼロカラノキセキ、納得の2着

 
昨日の札幌9R、8月19日(土)札幌9R 3歳以上500万下(D1700m、牝馬限定戦)に出走したゼロカラノキセキは2着でした。
 
 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ゼロカラノキセキ 
 
17.08.19
 
スタートを決めて、道中は好位5番手の内。勝負所でやや外目に進路を取って前を捕えにかかりましたが、ゴール前惜しくも及ばず、結果2着での入線となっています。
 
「道中は自分のリズムでいい競馬ができていました。勝負所でちょっとゴチャつくところがあり、そこで勝ち馬に先に動かれてしまいましたからね。それでも手応えはありましたし、前は止まるかと思ったのですが、思うようにはいきませんでした。これは相手が49kgと斤量差が大きかった分。この差がなければ、おそらく差し切っていたのではないでしょうか。距離は1600~1700mぐらいまでのように思います」(モレイラ騎手)
 
◆4コーナーの大事なところで一瞬前が詰まり気味になった点が悔やまれますが、レースの距離や勝ち馬との斤量差などを考えれば内容は決して悪くなく、「さすがは名手の騎乗ぶり」(前田助手)。このクラス卒業まで、いよいよあと一歩のところまでやってきました。なお、ふたたび次走への優先権を得ましたが、中1週の後でもありますので、今後についてはあくまでも馬の様子と相談をしながら。調教師と慎重に検討していきたいと思います。(HTC)
 
 
 
発馬を五分に切ると、楽な手応えでスッと前へ。
 
そのまま先行態勢を取り、1コーナーの入り口では外からポジションを主張してきた馬たちを行かせてこちらは内へ。
 
そのままラチ沿いまで潜り込み、ロス無くコーナーを回って向こう正面に入ります。
 
向こう正面の半ばあたりから手が動き始めたものの、追走に苦労するような素振りはなく、勝負所では先行集団に取り付いて前を射程圏内に入れる競馬。
 
3-4コーナーでは位置を押し上げながら失速した先行馬も上手く捌き、絶好の形で直線へ。
 
差し馬の中では脚色が一番良く、あとは前を捕らえるだけという感じだったものの、前を行くタガノアニードとの差が中々詰まりません。
 
鞍上の檄に応えて馬体を並べるところまでは詰めたものの、最後には逆に突き放され、鞍上が追う手を緩めた事もあって差が広がった所がゴール。
 
後続は完封したものの前を捕まえきれず、勝ち馬から2馬身差の2着に終わりました。
 
 
 
・・・という事で、ゼロカラノキセキの500万条件8戦目は、2番人気2着という結果でした。
 
今回もまた勝ち切ることが出来なかったものの、4角先頭の勝ち馬に49㎏という軽量で粘られてはどうしようもありませんし、距離の事もあってか最後にはガス欠気味になっていましたから、あれ以上のレースは厳しかったのかなと。
 
そういった意味では、今回の2着という結果はこのレースでゼロカラノキセキが取りうる最高着順だったんじゃないかな、と思います。
 
陣営コメントにも書かれていますが、ポジショニングに進路取りにとモレイラ騎手はほぼ完璧に乗ってくれたと思いますし、勝つことは出来なかったものの満足のいくレースではありました。
 
相変わらず勝ち運には恵まれないものの、今回の2着賞金(300万円)で獲得総賞金は1640万円と、中央未勝利とは思えない数字に。
 
大崩れが少なく権利確保率も高め、充電期間を設ければコンスタントに使える体質、更には距離やコースへの融通もある程度は効かせてくれるようになりましたから、本当に孝行馬だと思います。
 
近走の成績からも現級での力上位は明らかで、次回こそは何とか現級勝ちを、そして悲願の中央初勝利を叶えたいところです。
 
 
それにしても、今日の中継カメラからの注目度はすごかった。
 
騎乗命令から本場場入場まで、画面はゼロカラノキセキとモレイラJのコンビにかかりきり。
 
 
 
 
 
 
 
直前まで1番人気(最終的には2番人気)に推されていたことも勿論あるのでしょうが、この扱いの良さ(?)はやはり、鞍上のモレイラJに対する注目度の高さ故でしょう。
 
鞍上効果込みでも出資馬が注目されるのは気持ちが良いものですし、レース内容的にも大満足。
 
またご縁があった時には、是非とも出資馬の手綱を取っていただきたいものです。
 

出資馬出走情報(8/19) クレッシェンドラヴ、飛躍の勝利を!

 
既報の通り、明日の新潟9R・8月19日(土)新潟9R 出雲崎特別(3歳以上500万下、芝2400m)に我らがクレッシェンドラヴが出走します。
 
前日夜(当日朝?)0時現在の前売りオッズは、単勝6.3倍の4番人気。
 
中央場所で初勝利を挙げた後、5ヶ月ぶりの昇級戦で差のない2着に入った充実一途な3歳馬…と1番人気に推されて然るべき臨戦過程で挑む一戦なのですが、これでもまだ上に3頭も売れている馬がいる、というのが今回の相手の層の厚さを物語っていますよね。
 
 
また、気になる枠順は待望の?外枠偶数、8枠12番と相成りました。
 
追い出してからエンジンが掛かるまでに時間がかかることから、外々を回ってでも早め早めの仕掛けを意識しつつ競馬を進めていくのが理想だと思いますので、これは良い枠を引けたかなと。
 
13頭立てのレースとあってピンク帽でも内外の差はありませんので、自由に競馬が出来る枠を引けたのは大きいと思います。
 
 
目標としているセントライト記念、そして更にその先へと繋げていくためにも、ここは結果が欲しい一戦。
 
フォイヤーヴェルク・スティルウォーターという2頭の降級馬を筆頭として前走以上に揃った感のある相手関係、良績の無い左回りコース、時として速い上がりを求められる舞台設定と課題が山積していますが、素質の高さで突破してくれると信じるのみ。
 
難しいレースを何とかモノにして、秋の飛躍の足掛かりとしたいところです。
 

出資馬出走情報(8/18) ゼロカラノキセキ、今夏の集大成を!

 
既報の通り、我らがゼロカラノキセキが明日の札幌9R・8月18日(土)札幌9R 3歳以上500万下(D1700m、牝馬限定戦)に出走します。
 
前日夜23時現在の前売りオッズは、単勝2.5倍の1番人気。
 
前掛かりのレースで先行策からギリギリまで粘った前走内容、やや手薄に見える相手関係、更には鞍上効果もありそうで、上位人気での出走になる事は間違いなさそうですね。
 
今の状態&札幌の砂質であれば1700mの距離も大丈夫なようですし、現級上位のゼロカラノキセキの速力に“マジックマン“の手綱が加われば、持ち前の(?)詰めの甘さも埋められるのでは。
 
力さえ出し切れば500万条件で足踏みを続けているような馬では無いと思いますし、心強い味方を得た今回は決めてもらいたいところです。
 
今夏は福島・札幌・札幌と1700m戦を立て続けに使って三戦目、勝っても負けてもこの後は放牧に出ることになると思いますから、持っているものを全て出し切るようなレースをしてくれれば。
 
お釣りなしの完全燃焼で、この夏の集大成を見せてくれることに期待します。
 

出資馬近況(8/17) クレッシェンドラヴ、いざ新潟へ!

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
クレッシェンドラヴ
 
17.08.17
 
8月19日(土)新潟9R 出雲崎特別(500万下・芝2400m)に岩田康誠騎手にて出走予定。
 
「先週そこまでやっていませんでしたので、今週は先行して少し負荷をかける形。上がり重点のため、トータルの時計こそ速くはありませんが、終いまで手応えは楽でしたよ。同じような感じで稽古を積んできたゴールドスミスが勝ってくれたことですし、この馬も続きたいところ。左回りも問題ないと思っていますので、あとはレースでうまく力を出し切れるかどうかでしょう」(佐々木助手)
 
「少しテンションが高いのはいつものことで、変わらず順調にきていますよ。相手も稽古駆けする馬ですから、昨日の追い切りもあれくらい動けていれば大丈夫。新潟がわりも問題ないでしょう。ただ、前回よりも今回のほうが、相手が揃っている感じですからね。そのあたりがどうなるかだと思います」(斎藤厩務員)
 
 
今週土曜日の新潟9R・8月19日(土)新潟9R 出雲崎特別(3歳以上500万下、芝2400m)に出走を予定しているクレッシェンドラヴですが、南ウッドでの最終追い切りもしっかりと消化し、レースに向けての態勢を整えてきました。
 
最終追い切りは以前から調教パートナーとなっている僚馬ゴールドスミスを相手に併走遅れという形になったものの、入線前後も手応え自体は楽でしたし、陣営コメントの通りに前走時から「変わらず順調」に来ているよう。
 
久々ながら2着に頑張った前走と遜色ない状態での出走となりそうですから、後は前走よりも上に見える相手関係、そして新潟コースがどうかだけでしょう。
 
ここでも優に通用するだけの素質は持っていると思いますし、前走を見る限りでは能力発揮の枷になっていた気性面も落ち着いてきたような印象を受けましたから、不味い競馬にさえならなければここでも好戦以上の結果を期待して良いはず。
 
ここを突破してセントライト記念へ、そして菊の舞台へ…という青写真を現実のものとするべく、強敵相手の一戦でも何とか結果を出してもらいたいところです。
 

出資馬近況(8/17) ゼロカラノキセキ、"雷神"の手綱で好戦を!

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ゼロカラノキセキ
 
17.08.17
 
8月19日(土)札幌9R 500万下・牝(ダ1700m)にジョアン・モレイラ騎手にて出走予定。
 
「前走時のデキが良かったため、さすがにそれ以上とはいきませんが、大きな反動もなく、トモについても本馬にしては決して悪くない状態。あとは中1週による競馬で、どこまで疲労度が抜けきれるかだと思います。昨日の追い切りは予定よりもやや遅くなったものの、落ち着いて走っていましたからね。今は馬が1700m仕様になっていますので、折り合いも付きやすいのではないでしょうか。あとは『ジョッキーにお任せ』(調教師)します」(前田助手)
 
 
札幌への滞在2戦目で中央初勝利を狙うゼロカラノキセキは、今週末の札幌戦・8月19日(土) 札幌9R 3歳以上500万下(D1700m、牝馬限定戦)への出走を確定させました。
 
 
今回鞍上に迎えたのは、香港のトップジョッキー・「雷神」ジョアン・モレイラ
 
来日してもまさかご縁があるとは思いませんでしたから、想定段階の騎手名が「モレイラ」になっているのを見た時には、思わず声を上げてしまいました。
 
勝負駆けのタイミングに合わせてしっかりとトップジョッキーを配してくる尾関先生の鞍上起用術は流石の一言で、その依頼を引き受けてくれたモレイラJにも感謝の言葉しかありません。
 
モレイラJの腕前や日本馬・日本競馬との相性の良さは言わずもがな、特に3年連続の来場となる札幌競馬場との相性の良さは抜群なだけに、我らがゼロカラノキセキ勝利もグッと引き寄せてくれるはず。
 
北の大地で我らがゼロカラノキセキと「マジックマン」ジョアン・モレイラJのタッグがどんなレースを見せてくれるのか、土曜日のレースが俄然楽しみになってきました。
 

出資馬近況(8/17) ブライトメモリー、決戦の地は小倉?

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ブライトメモリー
 
17.08.17
 
栗東トレセン在厩。今朝ウッドにて追い切られています。馬体重468kg(8/15測定)
 
「ひとまず8月23日(水)名古屋 ラズベリー賞(ダ1400m)に申込んでみましたが、40頭ほどの希望馬がおり、あえなく除外。よって、8月27日(日)小倉2R 3歳未勝利・牝(ダ1700m)を目標に調整を進めていきたいと思います。競馬が続いている割には体つきも大きく変わっていませんし、疲れもまずまず我慢が利いている状況ですので、今週2本乗って来週サーッとやれば、ちょうど良いのではないでしょうか。鞍上は、浜中俊騎手を予定しています」(小崎調教師)
 
 
 
 
交流戦にローカルにと出走機会を窺いながら栗東で調整されているブライトメモリーですが、選択肢の一つだったという名古屋の交流戦には「40頭ほどの希望馬」がいたという事で、時期的な事もあって交流未勝利戦への参戦は厳しそうな感じ。
 
これを受け、中央場所に目先を切り替えて「8月27日(日)小倉2R 3歳未勝利・牝(ダ1700m)を目標に調整を進めていきたい」とのことで、来週末の小倉戦を本線として進めていくようですね。
 
状態は変わりなく来ているということですし、鞍上にも既に浜中Jを抑えているようですから、出走さえ叶えば勝ち上がりのチャンスは十分にありそう。
 
スーパー未勝利が始まる直前の8月下旬、「前走5着以下&通算5戦以上」の馬にとっては文字通り今後を大きく左右するギリギリのタイミングとあって出走の可否も不透明な状態になってきていますが、何とかレースへの出走を、そして勝ち上がりを叶えて欲しいものです。