hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 13年産(現4歳世代)→ゼロカラノキセキ 14年産(現3歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現2歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15)/パワーバンド(スイートマカロン'15)/エンジェルリード(ステラリード'15) 16年産(現1歳世代)→スイートマカロン'16/Miss Fear Factor'16/フェニーチェ'16

出資馬出走情報(4/21) ディメンシオン、力を出せれば

 

近況の方でもお伝えした通り、本日の東京12レース・4月21日(土)東京12R 4歳以上1000万下(芝1400m、牝馬限定戦)に我らがディメンシオンが出走します。

 

前日(当日?)夜0時現在の前売りオッズは、単勝4.1倍の2番人気。

 

専門各誌を見ても印がしっかりと付いていますし、今回も上位人気でレースを迎える事になりそうです。

 

また、枠順は3枠5番と相成りました。

 

たまに発馬でポカをやるので今回も偶数番が欲しかったところではありますが、贅沢ばかり言っていても仕方の無い事ですし、開幕週の半周戦で内枠を引けただけでも良しとしましょう。

 

 

今回はディメンシオンにとって2018年シーズンの年明け初戦、昨秋の東京戦以来となる5ヶ月ぶりの実戦で、古馬となったディメンシオンが久々のレースでどんな走りを見せてくれるのか、注目と期待の集まる一戦。

 

それだけに気になるポイントは山ほどありますが、久々や関東圏への輸送による馬体やテンションの変動はもちろんのこと、前走時には今一つだった発馬と二の脚、そして本質的には忙しそうな1400mという距離、その辺りのことも合わせて「レースでポジションを取れるかどうか」というのが最大のキーワードになるのかなと。

 

理想としては発馬を決めつつ外の馬を行かせて好位のインで脚を溜め、直線で内からスッと抜け出すような競馬が出来ればベストでしょうか。

 

まあ、毎回そう上手く行くなら苦労はしないワケですが、出資馬陣営の西のエースとしてディメンシオンにかける期待は相当なものがありますし、今回も普通に走ってくれれば普通に勝ち負けに持ち込めるレースのはず。

 

まだまだキャリアが浅く粗削りな印象が残るのも間違いのないところですが、元より1000万条件の限定戦では素質が上だと見ていますから、今回も敵は他馬より自分自身になるかなと。

 

スムーズな競馬で自分の力さえ出す事ができれば自ずと結果もついてくると思いますし、2018年シーズンは去年以上の活躍を期待していますから、久々の実戦でも更なる飛躍を意識できるような快走に期待したいと思います。

 

 

出資馬近況(4/19) ディメンシオン、久々でも期待大

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

ディメンシオン

 

18.04.19

 

4月21日(土)東京12R 1000万下・牝(芝1400m)に福永祐一騎手にて出走予定。


「今週は雨が降っていたこともあって、追い切りは芝コースで。動きも決して悪いものではなかったですし、飼葉をちゃんと食べてくれており、落ち着きある状態をキープできていますよ。今朝はゲートの確認も行いました」(田代助手)


「前走は遠征続きでちょっと疲れていたのかも。それに出遅れて流れに乗りきれないようなところもありましからね。リフレッシュを挟んで馬が元気になっていますし、中京で勝っているぐらいですから、東京がダメというわけではないはず。前々で流れに乗れれば、やれてもおかしくないでしょう。今なら仮に逃げる形になったとしても、引っ掛からないのではないでしょうか」(藤原英調教師)

 

 

 

今週末の東京戦・4月21日(土)東京12R 4歳以上1000万下(芝1400m、牝馬限定戦)に向けて調整が続けられているディメンシオンですが、水曜日には芝コースでの最終追い切りも消化し、レースに向けての態勢を整えてきました。

 

追い切りでの脚勢はもちろんのこと、鍵となる馬体面に関しても「飼葉をちゃんと食べてくれており、落ち着きある状態をキープできています」とのことで、調子も状態も良好な様子。

 

まあ、我らがディメンシオンを管理しているのは天下の藤原英厩舎ですから、仕上げに関しての不安などは案ずるに及ばないことでしょう。

 

 

また、以前から「パンパンの馬場の方が良いタイプ」と言われているだけに、今回は開幕週の綺麗な馬場、そして晴天にも恵まれた(はず)のは何よりですよね。

 

「良馬場の半周戦」というのはワンサイドで勝った昨年の中京戦以来で、久々の適条件と思える舞台設定の中でディメンシオンがどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、週末のレースが非常に楽しみです。

 

まだレース2日前で枠順の発表もされていない段階ですが、スタートから後手後手のままで何もなく終わってしまった前走と同じ轍を踏まないためにも、今回は「前々で流れに乗る」形、ある程度の位置を取って流れに乗りながら抜け出しを図っていく競馬が理想でしょうか。

 

陣営的にもポジショニング対しての意識は高いようで、それこそ「今なら逃げても大丈夫」くらいのコメントが出されていますが、久々のタッグとなる福永Jがディメンシオンをどのようにエスコートしていくのか、この辺りも週末の注目ポイントになりますね。

 

 

今回は昨秋の東京戦以来5ヶ月ぶり(そんなに経ってたんですねえ…)の実戦、厩舎の色的にもここを叩いた次回次々回で更に…というイメージはありますが、それでも平場の限定戦なら十分勝ち負けに持ち込めると思いますし、ここも好走以上の結果に期待したいところ。

 

今年の飛躍の足掛かりとなる勝利、そして1000万条件での初勝利(と、東京競馬場での出資馬初勝利も…)を掴むべく、週末のレースでも気持ちの良い走りを見せてもらいたいと思います。

 

 

出資馬近況(4/19) キングオブハーツ、及第点の内容も

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

キングオブハーツ

 

18.04.19

 

栗東トレセン在厩。今週もウッドにて追い切り本数を消化しています。馬体重480kg(4/17測定)


「雨降り馬場でも動けていましたし、時計的にも及第点ですけどね。乗り役曰く、『前駆と後駆のつながりがまだまだで、走っていても軸がブレるようなところがある』とのこと。そこは、ハーツクライ産駒特有の緩やかな成長曲線なのかもしれません。それでも稽古ではそれなりに走れていますし、来週4月28日(土)京都2R 3歳未勝利(ダ1800m)までには出走態勢を整えられると思います」(根岸助手)


「まだトモに緩さを残しており、後駆がついてこない感じ。自分からグッとハミを取ってくれるほどの前進気勢があればイイのですが、まだまだ若馬といった印象なんですよね。それでも稽古では先着しますので、脚力がないわけではないと思いますが、このような現状でレースペースにも対応してくれますでしょうか。不安があるのも正直なところです」(藤岡佑騎手)

 

 

 

来週末の京都戦・4月28日(土)京都2R 3歳未勝利(D1800m)に出走を予定しているキングオブハーツは今週もウッドで時計を出し、レースに向けての態勢を整えてきています。

 

1週前追いとなる今週の追い切り内容は(未出走馬が相手とはいえ)決して悪くないモノだったと思うのですが、追い切りの後も陣営サイド、特に調教から手綱を取った鞍上の藤岡Jは半信半疑…どころか、かなり「疑」に寄ったイメージを持っているよう。

 

確かに、及第点の調教内容から実戦に行って結果が出せないというのは以前からの問題なのですが、相変わらず日頃の調教の動きは特に問題ないレベルにあると思えるだけに、歯痒いというか何と言うか、もどかしい感覚がありますよね。

 

…という事で、今までと同様に今回も陣営サイドの手応えは今一つのようですが、中央で勝てるだけの能力は持っている馬だという思いは変わりませんし、何かのきっかけ一つで変わってくれるはず。

 

来週末のレースでは一息入れた効果、そして初のダート戦で今までと違う部分が出てくれることを祈りたいと思います。

 

出資馬近況(4/13) ディメンシオン、復帰に向けて好調持続

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

ディメンシオン

 

18.04.12


栗東トレセン在厩。今週も福永祐一騎手を背に追い切られています。


「昨日は併せた相手に楽に先着しましたし、動き自体も悪くなかったですからね。引き続き順調に調整できていますよ。ここまでは飼葉を食べてくれていますが、さらに追い切りを重ねていく中で、この後どうなってくるかがひとつのカギ。このまま食欲や体をキープしてくれればと思います。レースは来週、4月21日(土)東京12R 1000万下・牝(芝1400m)を予定しています」(田代助手)

 

 

来週の東京戦・4月21日(土)東京12R 4歳以上1000万下(芝1400m、牝馬限定戦)に向けての調整が続けられているディメンシオンですが、今週もしっかりと乗り込みを進められ、レースに向けての態勢が整えられてきています。

 

1週前追いとなる今週の追い切り内容は、今週末に出走予定のある1000万条件馬(手応え一杯)を馬なりのまま0秒5追走0秒4先着というもので、相変わらずの好内容。

 

久々でも仕上がりは良好、コンディションも上々のようですので、やはり次走に向けてのテーマは馬体の維持やテンションの高さなど、自分自身との戦いが主でしょうか。

 

特に今回は休養明けで半年ぶりの実戦、気性面での不安が残るところではありますが、デビュー4戦に騎乗して勝手を知る福永Jに手綱が戻ることは大きなプラスになってくれると思いますし、その福永Jが先週に続き調教で跨ってくれているのも好感が大。

 

力さえ出し切れれば1000万条件で足踏みを続けているような馬ではないと思いますから、前走の大敗から一気に巻き返すべく、大きな期待をもって来週末のレースを待ちたいと思います。

 

出資馬近況(4/12) キングオブハーツ、乗り込みを重ねて

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

キングオブハーツ

 

18.04.12


栗東トレセン在厩。今週はウッドにて長めから乗り込まれています。馬体重484kg(4/10測定)


「長めをやるのは、今回帰ってきてから初めて。それを考えれば動き自体は悪くありませんでしたが、まだ緩いというか、目方云々ではなく、体に締まりがない感じでしょうか。それゆえにレースはもう少し乗り込みを重ねてから。4月28日(土)京都2R 3歳未勝利(ダ1800m)あたりを目標にしたいと思います。鞍上は、藤岡佑介騎手で調整中です」(野中調教師)

 

 

先月末に栗東に戻ったキングオブハーツですが、今月の頭から坂路にウッドにと乗り込みを進められ、復帰に向けての態勢を整え始めています。

 

まだ体に緩さが残り、「レースはもう少し乗り込みを重ねてから」とのことですが、復帰のタイミングについては「4月28日(土)京都2R 3歳未勝利(ダ1800m)あたり」が目標となっているとのことで、早ければ今月末にも戦線復帰となるよう。

 

また、前述の追い切りで藤岡康太Jを背にCWに入っていたこともあり、月末のレースでも藤岡Jが騎乗するのかと思っていましたが、実際のレースでの鞍上は「藤岡佑介騎手で調整中」とのことで、藤岡Jは藤岡Jでも藤岡祐介Jの方とタッグを組むことになるようですね。

 

砂に変わってどうかというのは実際にやってみないと分からないというのが正直なところではありますが、現状ではダートの方が良いというのが野中先生の見立てのようですし、勝負所で一気にポジションを下げた前走の感じからも、(現状では)緩急の激しい競馬よりはワンペースの競馬の方が合いそうなのも確か。

 

きっかけ一つで勝ち上がれるだけの素質は持っていると思いますから、ここでの条件変わりと休養の効果が出れば次走で一気に勝ち切ってもおかしくないと思いますし、そうなってくれるのではないかと密かに期待しています。

 

 

出資馬近況(4/12) エンジェルリード、一足早く北海道へ

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

エンジェルリード

 

18.04.12


美浦トレセン在厩。今週末にいったん坂東牧場へ放牧に出る予定となっています。


「暖かくなってきた割には毛づやもひと息でしたし、体もフックラとはいきませんでしたからね。ここ2走は思ったほどコンディションが上向いてくれなかった感じでしょうか。レース後はそれなりの疲れがあるものの、大きな反動まではなさそう。次は北海道開催あたりを視野に入れ、いったん坂東牧場のほうで馬体回復に努め、仕切り直しを図りたいと思います」(尾関調教師)

 

 

先週のレースは大敗に終わってしまったエンジェルリードですが、今週一杯は在厩のままでレース後のケアを施されたうえで、「今週末にいったん坂東牧場へ放牧に出る」予定になっているとのこと。

 

その後のことについては回復次第かと思いますが、美浦近郊ではなく北海道の坂東牧場まで戻すとなれば、復帰目標は初夏の函館開催、洋芝の中~長距離戦が中心視されていると見て間違いないでしょう。

 

洋芝の中ー長距離戦は出資当初から最適条件としてイメージしていた舞台ですし、ここまで実戦で結果が出ていない中でも次走は勝ち上がりに最大にして最後の望みを賭けるレース、正念場の一戦という事になりそう。

 

まだ前回のレース直後で気の早い話ですが、初夏の北海道で待望の勝利を挙げるべく、しっかりと英気を養ってもらえればと思います。

 

出資馬出走結果(4/7)エンジェルリード、まだまだ厳しく

 

 

今日の中山競馬5レース・4月7日(土)中山5R 3歳未勝利(芝2000m)に出走したエンジェルリードは13着でした。

 

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

エンジェルリード

 

18.04.07


五分のスタートから、前半は無理なく2番手につけて行ったものの、3角より外から交わされると、直線では抵抗できずに後退。結果13着での入線となっています。


「楽に番手につけられましたが、3角で外から動かれた時に反応ができず、後手後手に回ってしまう形。直線ではもうお釣りが全く無くなってしまって…。本当はレースを使いつつパワーをつけて欲しいところなのですが、今日は以前に乗った時よりも、逆に馬が萎んで尖っちゃっている感じでしたから。きっとその辺も影響したのではないでしょうか。もう少し体力をつけていきたいところです」(柴田善騎手)


「2番手のまま楽に4角を迎えられれば良かったのですが、外から動かれてしまうのは競馬ですから仕方ありませんよね。状態はハッキリ上向きとまではいかなかったものの、前走の疲れは取れていましたしテンションもほどほどでしたので、3角で反応できなかったのは輸送などによる馬体減(-6㎏)が影響したのかもしれません。結果的には、飼葉がなかなか実になってこない所によるものが大きいのかなと。このあとは、権利が獲れず、体も減っていますので、いったん放牧に出して、まずは馬体回復を促したいと思います」(尾関調教師)


◆外から早めに次々と交わされポジションを落とす展開となったのも痛手でしたが、今日の一番の敗因はおそらく馬体減。まずはフックラした体に戻すことが先決のように思われます。「ローカル開催の方がメンバーは落ちますが、先行争いや出入りが激しくなることが予想されますからね。それなら、かえってメイン開催で早めにプレッシャーをかけられることなく楽に行かせてもらった方がイイという見方もでき、一概には言えません。いずれにせよ一長一短ありますので、次走については馬体が戻ってきたタイミングで目標を定めていきたい」(師)と考えます。(HTC)

 

 

まずまずのスタートからスッと先行し、2番手の外に取り付いて1コーナーへ。

 

好位を確保できたと思ったのも束の間、向こう正面で後方にいた馬が捲りを打ち、更にそれを追いかけて後続勢が早めに上がってくる厳しい展開に。

 

これによって先団にいたエンジェルリードも位置を悪くしてしまい、中団のインまで下がった所で直線へ。

 

直線に向いてからは懸命に脚を伸ばそうとしたものの、思うように伸び切ることが出来ないまま一杯となってしまい、最後は13着でのフィニッシュとなりました。

 

 

 

…という事で、芝での巻き返しを期して臨んだエンジェルリードの6戦目は、デビュー以来最低着順となる13着(9番人気)という厳しい結果に終わってしまいました。

 

外枠からでも前々に付けることはできたものの、前出のように展開が厳しかったことに加えて勝ち時計も2分2秒4とエンジェルリードの持ち時計より2秒近く早く、現状ここで勝ち負けに持ち込むだけの体力が備わっていなかったのかなと。

 

また、今回の馬体重446㎏(-6㎏)は新馬戦の450㎏を下回るデビュー以来最低の数値で、鞍上の柴田善臣J・尾関先生が共に馬体減も敗因の一つとして挙げているように、コンディションももう一つだった様子。

 

この先を考える上でも一息入れてのリフレッシュは必須でしょうし、現状のままレースに使い続けた所で大きな変わり身を望むのも難しそうな感じですから、まずは馬体の回復とリフレッシュを兼ねて放牧を挟み、間隔を開けたうえでレースを選んでいくことになるようですね。

 

また、中央場所では時計や相手関係の問題があり、やはり勝負は夏の北海道シリーズか…と個人的には思うのですが、「ローカル開催の方がメンバーは落ちますが、先行争いや出入りが激しくなることが予想されますからね。それなら、かえってメイン開催で早めにプレッシャーをかけられることなく楽に行かせてもらった方がイイという見方もでき、一概には言えません」という陣営の考え方もあるようで、復帰の時期も開催もこれからの回復状況次第、方向性もまだまだ未定といった感じ。

 

ともあれ、コンディションが整わないうちは何も始まりませんので、まずは牧場でしっかりと疲れを癒し、目方を増やして戻ってきてくれればと思います。