読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hakuと愉快な仲間たち(別館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 引退馬→ゼロレボルシオン/アカラ 13年産(現3歳世代)→ベイビーティンク/ゼロカラノキセキ/ルックオブラヴ 14年産(現2歳世代)→ディメンシオン(ミスペンバリー 14)/クレッシェンドラヴ(ハイアーラヴ 14)/ブライトメモリー(マジェスティックブライト 14) 15年産(現1歳世代)→ベイビーローズ 15/ハイアーラヴ 15/スイートマカロン 15 【本館】http://blogs.yahoo.co.jp/rlgdda

15年産世代の出資馬名決定と育成馬近況



日曜馬スぺ(?)、今回の主役は2歳馬。

馬名選挙と登録申請を経て、広尾TCの15年産世代=現2歳世代の出資馬の馬名が正式に決まりましたので、近況とひとまとめに見ていこうかなと。



ベイビーローズ'15→フッフール(Fuchur)

「幸運の竜ファルコンの原典『はてしない物語』での名。父からの連想。」

スマートファルコン×母ベイビーローズ(母の父Singspiel

栗東小崎憲厩舎入厩予定


フッフール

17.03.13

競走馬名は「フッフール : Fuchur」に正式決定。小説に登場する竜の名。父名ファルコンより連想しての命名となりました。


17.03.17

坂東牧場在厩。ウォーキングマシン60分、ダク1000mの準備運動後、周回コースと坂路を併用してハロン17~20秒ペースのキャンター3500mを乗り込まれています。馬体重426kg(3/10測定)

「坂路調教の割合を増やし、現在は週に6本。日に2本登坂したり、1本登坂した後にスピードを緩めずにトラックを一周半したりと、それなりに負荷のかかるメニューを与え、鍛えているところです。だいぶ筋肉のメリハリがつき、着々と良化中ですが、これから心身ともに発達していく時期でもありますし、目方やサイズ的にもうひと回りの成長が欲しい印象もありますので、『目下は時計を詰めることよりも、成長を促すことを優先して』(調教師)、焦ることなく進めさせてもらっています」(荒木マネージャー)


まず一頭目、出資馬ベイビーティンクの半妹にあたるベイビーローズ'15の競走馬名はフッフールに決定しました。

馬名由来は、「小説に登場する竜の名。父名ファルコンより連想して」とのこと。


「うん?ファルコン=英語でハヤブサでは?どうして竜なんだろう?」と思い、名前の元ネタとされる小説「はてしない物語」について調べてみると、これが実に良く考えられた命名だったようで・・・

同小説に登場する竜「フッフール」は、主人公と共に旅をするパートナー(で良いのかな?)として、作品の中心的な役割を担うキャラクターとして書かれているとのこと。

そして、小説「はてしない物語1984年に「ネバーエンディングストーリー」の邦題で映画化(そういえば私も昔見たなあ)されており、その「ネバーエンディングストーリー」では原作の「フッフール」が「ファルコン」と改名(?)されて登場するという事で、(あくまでも想像ですが)ここから連想しての命名だったのでは、と思います。

また、同作品の中でフッフールは「希望と幸福の竜」「ラッキードラゴン」であるとされている、とのこと。

我らがフッフールもその名にあやかり、幸多い競走生活を送れることを願いたいものです。




スイートマカロン'15→パワーバンド(Power Band)

「エンジンが最も効率良く力を発揮できる回転領域の意。」

ディープブリランテ×母スイートマカロン(母の父 Tale of the Cat)

美浦二ノ宮敬宇厩舎入厩予定


パワーバンド

17.03.13

競走馬名は「パワーバンド : Power Band」に正式決定。 “エンジンが最も効率良く力を発揮できる回転領域”を表す、車やバイク用語からの命名となりました。


17.03.17

ファンタストクラブ内木村牧場在厩。おもに屋内ダートコースにてハッキング及び軽いキャンター3000mを消化。週1回、坂路にてハロン16~17秒ペースのキャンター1本を乗り込まれています。馬体重470kg(3/10測定)

「一番進んだ組で乗り進めており、(坂路では)自然と終い15秒台が出ることもあるほど。引き続き、力の要る深いダートで後駆を鍛えながら、来月からは坂路で15-15も取り入れていきたいですね。発達しつつある筋肉の質はスプリントタイプといった感じで、フットワーク自体は跳びが大きく、関節を柔らかく使った中距離以上の走り。これらが成長とともに組み合わさっていく中でどのような個性となってくるのか、楽しみに見守っていきたいところです」(川嶋担当)


次に2頭目、出資馬ゼロカラノキセキ&広尾TC所属馬デストリーライズの半弟にしてディープブリランテ産駒のスイートマカロン'15の競走馬名はパワーバンドに決定。

その由来は「エンジンが最も効率良く力を発揮できる回転領域”を表す、車やバイク用語」とのこと。

その「パワーバンド」は「燃費が求められるエコカーなどでは低く、速度が求められるスポーツカーなどは高く設定されている」そうで、なんとなく大食らい(燃費)でパワフルな走りが想像されますよね。

クラブ所属の兄姉が共に勝ち上がっている血統背景はもちろんのこと、同世代の中では(おそらく)一番育成の進度が早く、そのためか募集馬の中で一番「売れている」パワーバンド

その名前に違わない馬力全開の、爆発的な走りに期待します。




ハイアーラヴ'15→キングオブハーツ(King of Hearts)

ハーツクライ産駒の王となって欲しい。」

ハーツクライ×母ハイアーラヴ(母の父Sadler's Wells)

栗東野中賢二厩舎入厩予定


キングオブハーツ

17.03.13

競走馬名は「キングオブハーツ : King of Heart’s」に正式決定。“ハーツクライ産駒の王”になって欲しいとの願いが込められています。

17.03.17

坂東牧場在厩。ウォーキングマシン60分、おもに周回コースにてダク1000m、ハロン17~25秒ペースのキャンター3500mを乗り込まれています。馬体重448kg(3/10測定)

「まだ若馬らしいフワっとした走りになりがちで、走行フォームが定まりきっていない段階でもありますので、基本的には坂路よりも周回コースをメインに少しずつピッチを上げているところ。それでも普段からやる気を表に出し、与えられた課題をへこたれることなく、日々しっかりとこなしてくれていますよ。馬の成長に合わせるようにじっくりと進めていることもあって、以前ほどカリカリする感じはなく、徐々に落ち着きが出てきたように思います」(荒木マネージャー)


出資馬ハイアーラヴクレッシェンドラヴ姉弟の半弟、ハーツクライ産駒のハイアーラヴ'15の競走馬名はキングオブハーツに決定しました。

その馬名には「ハーツクライ産駒の王”になって欲しいとの願いが込められています」とのことで、これはもうストレートに強そう!というのが第一印象。

分かりやすい由来・ストレートな命名・格好の良い名前の響きと3本揃い、名前で売れそう(失礼?)な馬名ですよね。

ハイアーラヴの仔に出資するのは前出のルックオブラヴ・クレッシェンドラヴに続いて3頭目と血統的な思い入れもあり、また半兄クレッシェンドラヴが待望の初勝利を挙げたことから「旬」な一頭という感も。

今はまだ一介の二歳馬のキングオブハーツですが、いずれは「ハーツクライ産駒の王」という名に負けない、大物に育ってほしいものです。



その他、同世代の未出資馬や出資候補としている馬たちの馬名も決まりましたが、それはまた別の機会に(気になる方は倶楽部の公式ページまで!)。

まだ微妙に慣れない呼び方ではありますが、フッフール・パワーバンド・キングオブハーツの3頭がこれからどんな馬に育っていくのか、牧場や育成場での様子を楽しみにしていたいと思います。



出資馬近況(3/16) ディメンシオン、ダメージ軽微で続戦へ!

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ディメンシオン
 
 
17.03.16
 
栗東トレセン在厩。すでに騎乗を再開しています。
 
「もう昨日から跨って角馬場入りしているように、レース後も全然大丈夫そう。ダメージがほとんどない状態で初戦を終えることができました。このままトレセンで様子を見ながら調整を進めていき、第2回阪神開催の2~3週目あたりに続戦していければと思います」(田代助手)
 
 
未勝利デビューの初戦から中々のパフォーマンスを見せてくれたディメンシオンですが、レース後も順調そのものの様で、既に騎乗も再開されているとのこと。
 
道中こそスローで流れたとはいえ、初入厩からストレートでの実戦、それも終いで3F34.0の上りを使った反動はどこかに出てくるのではと心配していましたが、思った以上にタフな馬のようですね。
 
初戦の前から「一度使えばグンと良くなる」と言われていたことですし、このまま無事に続戦して「グンと良くなった」姿を見ることが出来そうで何よりです。
 
 
その続戦先は「第2回阪神開催の2~3週目あたりに続戦していければ」という事ですので、4月8日(土)阪神4R・3歳未勝利(芝2000m)4月9日(日)阪神4R・3歳未勝利(芝1600m)4月15日(土)阪神4R・3歳未勝利(芝1800m)4月16日(土)阪神4R・3歳未勝利(芝2000m、牝馬限定戦)あたりが有力になるかなと。
 
どこに出てきても上位人気&好勝負は間違いなしと思いますが、特に競馬というスポーツにおいて油断は禁物。
 
厩舎のポリシーである「一戦必勝」の旗の下、必勝態勢で一気に決める!という気持ちで頑張ってほしいものです。
 
 

 

出資馬近況(3/16) クレッシェンドラヴ、このまま続戦も?

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
 
クレッシェンドラヴ
 
17.03.16
 
美浦トレセン在厩。引き続き、北の角馬場を中心に軽めの調整を行っています。
 
「いったん放牧に出そうかとも思っていましたが、その間にも段々と回復傾向が窺えますので、もう少し手元で様子を見ていきたいと考えます」(二ノ宮調教師)
 
「普段はポリの角馬場に入れていますが、昨日のように雨が降った時はウッドの角馬場へ。良い頃に比べるとまだトモの感じや捌きなどが回復途上の段階ではあるものの、ここまで楽をさせている分、少しずつ疲れが抜けてきており、そろそろコースに入れても良さそうな雰囲気になってきました」(斎藤厩務員)
 
 
 
 
 
 
初勝利を飾った前走の直後から何度か放牧の話が出ているクレッシェンドラヴですが、「段々と回復傾向が窺えますので、もう少し手元で様子を見ていきたい」という事で、未だに美浦での様子見が続けられている様子。
 
放牧に出すという話が出てから既に3週間が経過していますし、今週の二ノ宮先生のコメントの感じを見るに、さすがにもう続戦が既定路線なのだと考えた方が自然なのかもしれませんね(遅い?)。
 
個人的には(既定路線と見てきたように)秋に備えて放牧で良いんじゃないかなあとも思いますが、去年から「来年のクラシックはこの馬で」と言われてきた程の馬ですし、「春の内にもう一つくらい…」という思いがあるのも確か。
 
とはいえ、クレッシェンドラヴはまだまだ成長途上で将来のある馬だと思いますし、今後の方針はあくまで馬本位、回復状況を見ながら慎重に判断していただければ、と思います。
 
 
・・・ともあれ、このまま続戦となると、当然気になるのは次走目標。
 
流石に今から仕上げて2週後の山吹賞(4月1日、中山芝2200m)に間に合わせるのは難しいかなあと思いますから、関東圏の長距離戦にこだわるとなると5週後の新緑賞(4月22日、東京芝2300m)か、抽選覚悟の一発狙いでGⅡ青葉賞(4月29日、東京芝2400m)に突っ込んでみるか・・・
 
現状では、この続戦が「あくまでもダービーを目指す」ためなのか「春の内にもう一つ勝って、秋のトライアル出走を確実にする」ためなのかは不透明ですが、この辺りの真意も次走目標の発表である程度掴めるるのでは。
 
そもそもの続戦の可否も含め、早くも来週の近況更新が待ち遠しいです。
 
 

 

出資馬近況(3/16) ゼロカラノキセキ、ここからどこへ?

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ゼロカラノキセキ
 
17.03.16
 
美浦トレセン在厩。昨日までは運動のみ、今朝より騎乗を再開しています。
 
「『向正面で前の馬がバランスを崩してフラフラした』と鞍上。その際にトモの球節下に3か所ほど外傷を負って帰ってきたわけですが、すでに火曜日の段階で『問題なし』(獣医師)とのことでしたし、腫れはなく、歩様も大丈夫そうですよ。前走は外々を回った分に加え、心身ともに休み明けのそれであったこと。その辺も少なからず影響したのではないでしょうか。目下、交流戦にあまり適した番組がなく、中央に続戦するにしても権利なしでは難しい状況。一旦放牧を挟むべきか、このまま節をあけて来月の福島あたりを目標にするかなど、もう少しこちらで様子を見ながら定めていきたいと思います」(尾関調教師)
 
 
先週のレースで6着とまさかの大敗を喫してしまったゼロカラノキセキですが、レース中の外傷はあれど大きな反動までは来ていないようで、まずは一安心。
 
前走の敗因については「前走は外々を回った分に加え、心身ともに休み明けのそれであったこと。その辺も少なからず影響したのではないでしょうか」という事で、内外に久々の影響が出ていたことが挙げられています。
 
それだけに、叩き2戦目となる次走には改めて注目していきたい…のではありますが、前走の6着で権利を落としてしまったため、続戦先の見通しが不透明になってしまいました。
 
 
今後の方針については、「交流戦に適鞍が無い」ことから「一旦放牧を挟むべきか、このまま節をあけて来月の福島あたりを目標にするかなど、もう少しこちらで様子を見ながら定めていきたい」とのこと。
 
交流戦の日程が掴み切れないので何ともですが、福島のD1150m戦に向かうのであれば2週目の牝馬限定戦、4/15(土)福島7R 4歳以上500万下(D1150m・牝馬限定戦)あたりが有力になるのかなあと。
 
前走での5着と6着の小差が大差になっている現状は何とももどかしい限りですが、何とか良い方向に軌道修正を、そして夏までにもう一つ勝ち星を・・・と思うばかりです。
 

 

出資馬出走結果(3/11) やっぱり走る!ディメンシオン、上々の初戦!

 
 
先週の土曜阪神5R・3月11日(土)阪神5R 3歳未勝利(芝1800m)に出走したディメンシオンは2着でした。
 
 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ディメンシオン
 
17.03.11
 
差のないスタートから、掛かり気味に2番手。最後は1番人気に交わされたものの、上がり勝負でも引けを取ることはなく、結果2着での入線となっています。
 
「できれば勝ち馬を見るような位置で競馬をしたかったのですが、スタートが良すぎたうえに全然流れてくれなかったため、馬が行きたがる素振りを見せました。ただ、ここで行かせてしまうと逃げ馬や短距離馬になってしまう可能性もありますので、無理してでも抑えて。コーナーで張ろうとしたり、勝負所でキュッと手前を替えようとしたりと、まだまだ幼い印象ですけど、瞬発力勝負で2着してくれたように、力のあるところは見せられたのではないでしょうか。今日のスタートであれば、マイルでも全然問題なさそうです」(福永騎手)
 
◆スタート後に引っ掛かってしまったことですし、勝ち馬の目標にもなってしまう形。今日のところは相手が一枚上でしたが、経験馬相手のデビュー戦であることを考えれば、荒削りな中にも素材の良さを十分に感じさせてくれるレースとなりました。厩舎陣営によれば、「まだまだ幼いね。馬群の中で競馬することを覚えさせないと」とのこと。なお、このあとは「中2週ぐらいでの続戦をイメージしつつ」(調教師)、レース後の様子を窺っていく予定になっています。(HTC)
 

 

ゲートを五分に切ると行き脚が付き、やや掛かり気味に先団へ。
 
行きたがる馬を福永Jが何とか抑え、内からハナを主張してきたシャドウブリランテを行かせて道中は二番手の外目を追走。
 
そのまま隊列が動くことはなく、内は逃げるシャドウブリランテ、外は断然人気のスイーズドリームスとそれぞれ併せるような格好で直線に。
 
直線を向くとこの3頭が抜け出し、内中外での叩き合いへ。
 
最後は外から伸びたスイーズドリームスが抜け出したものの、中でディメンシオンも良く伸びて内のシャドウブリランテを競り落とし、上位3頭は外中内の順に入線。
 
既走馬相手のデビュー戦、牡馬との混合戦、更にはスロー故の折り合い難と厳しい条件が重なった一戦ながら、見せ場十分の2着に健闘しました!
 
 
 
・・・という事で、我らがディメンシオンの未勝利デビュー戦は2着でした。
 
単勝1.6倍の大本命だった勝ち馬スイーズドリームスには一歩及ばなかったものの、戦歴や血統からも同馬は昇級即通用の器。
 
それだけの馬を相手に初めてのレースで、それも掛かる面を見せながらも食い下がり、他の馬は完全に抑え切っての2着好走。いやいや、これは強いですよ。
 
実際、3着のシャドウブリランテに騎乗していたM.デムーロJはレース後に「上位2頭が強かった」というコメントをしており、同業者(?)からの評価も高かったよう。
 
他方ではグリーンチャンネルの「先週の結果分析」にも取り上げられ、解説の長谷川仁志御大曰く『初出走ながら、完璧に逃げたシャドウブリランテを差した』ディメンシオンは「近いうちに勝てる」との事ですから、敗れたとはいえ素質の片鱗は見せた、上々の初戦だったのではないかなと。
 
相手があることなので「次走は確勝」と言い切ることは中々できませんが、周囲の評価や初戦の内容からも夏まで未勝利をウロウロしているような馬ではないと思いますので、未勝利勝ちはサクサクと決めてほしいところです。
 
 
その「次走」は「中2週ぐらいでの続戦をイメージ」との事で、順調であれば同条件かつ牝馬限定戦となる4/1(土)阪神3R 3歳未勝利(芝外回り1800m、牝馬限定戦)が有力でしょうか。
 
相手次第ではありますが、おそらく次回は圧倒的な人気を背負うことになるはず。
 
今度は他馬にマークされる側に回り、2走ボケや初戦の反動を気に掛け、それでも勝ちきれるようであれば・・・いやいや、クレッシェンドラヴの未勝利勝ちといいディメンシオンの初戦といい、世代各馬のこれからが本当に楽しみになってきました。
 
 
 

 

出資馬出走結果(3/11) ゼロカラノキセキ、噛み合わず?の敗戦

 
 
先週の土曜中京6R・3月11日(土)中京6R 4歳以上500万下(D1400m)に出走したゼロカラノキセキは6着でした。
 
 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ゼロカラノキセキ
 
17.03.11
 
ポンとスタートを切り、前半は先団の直後。3~4角で外めを回り、先頭に並びかけるように直線を迎えましたが、終いもうひとつ伸びきれず、結果6着での入線となっています。
 
「流れというか展開のハマりが悪くなり、結局は行かず抑えずの中途半端な競馬に。道中でダラダラと脚を使ってしまったうえに外を回らされる形にもなってしまい、終いの伸びがひと息でした。行くなら行く、抑えるならガッチリと抑える。どちらかの競馬に徹した方が良かったのかもしれません。今日は人気に応えられず、すみませんでした」(戸崎騎手)
 
◆馬の雰囲気は良さそうでしたし、一見手応えも残っていそうでしたので、直線でのパフォーマンスに期待がかかりましたが、いざ追い出されてから末脚を繰り出すことができず、まさかの後退。善戦はともかく、勝ち負けには展開の助けが必要になってくるということでしょうか。今回は惜しくも次走への優先権を得られませんでしたので、ここを叩いてすぐに続戦できないのがツラいところ。やむなく節をあけるのであれば、交流戦も選択肢に加わってきます。(HTC)
 
 
上々のスタートから押して出していき、道中は先団の外目から。
 
そのまま外々の追走を続け、3-4コーナーから徐々に進出を開始。
 
直線入り口では絶好の手応えのまま先頭に並びかけ、これは貰った!と思ったものの、そこからの伸びがもう一つ。
 
後ろから一気に差されるようなことはなかったものの、先頭集団には突き放されてしまい、坂の上りで5着馬にも僅かに差され、現級で初めて掲示板を外す6着に終わっています。
 
 
・・・ということで、我らがゼロカラノキセキの10戦目は6着と、残念な結果に終わってしまいました。
 
見た目にはリズムよく競馬をしているように思えたのですが、レース後に戸崎Jが「流れというか展開のハマりが悪くなり、結局は行かず抑えずの中途半端な競馬に」とコメントしているように、微妙に競馬の形が噛み合わなかったよう。
 
同時に「行くなら行く、抑えるならガッチリと抑える。どちらかの競馬に徹した方が良かったのかもしれません」とも話しており、戸崎Jとしては「もう少しメリハリのある競馬の方が良かった」という悔いが残っているようですね。
 
とはいえ、「1200で差しに回すと短い、1400で強気に行くと長い」というゼロカラノキセキ自身の微妙な距離適性の事もありますし、上記のように勝負所では大いに見せ場を作る競馬で勝ちに行っての6着ですから、レース内容自体に悔いはありません。
 
 
ただ、降級前のこの時期だけに、半馬身程度の差で優先権を落としたのは痛恨で、(除外対策として)「やむなく節をあけるのであれば、交流戦も選択肢に加わってきます」と、交流戦へ転戦する可能性が示唆されました。
 
未勝利に続いて今回も交流戦頼みになるのは勿体ないような気もしますが、「交流戦でもう一つ勝って500万に上がり、(おそらく)降級を待って500万での戦いを続けていく」というのは割と現実的な方策というか、生涯の獲得賞金を考えると「目の前にある小銭を確実に拾い続けて賞金を積んでいく」という作戦は有効ですからね。
 
ともあれ、尾関先生が(おそらく)中京に不在だったこともあり、次走や今後(一度短期放牧を挟むのか、など)については、木曜日の近況待ちになるのかなと。
 
交流戦への転戦プランが実現すれば「中央未勝利の1000万条件馬」という面白い状態になる可能性もありますが、まずはレース後の状況を見極め、その上で進むべき道を決めていただければ・・・と思います。
 
 

 

週末の出走と更新遅延のお知らせ

 
 
花粉の飛散量が気になる季節、皆様いかがお過ごしでしょうか。季節感も何も無いですね。
 
週末は基本的に東京競馬場でのんびりしている私ではありますが、憎きJRAがよりにもよってパドック横にスギを植えるという暴挙に出ているせいで、この時期は府中に出向くのも億劫。
 
酷い時には大量の花粉によってスタンド内からパドックのスクリーンが見えなくなる有様で、日々JRAと花粉への憎しみを募らせております。
 
 
さて、近況の方でもお伝えしましたが、明日の中央競馬では我らがディメンシオン阪神5R・3月11日(土)阪神5R 3歳未勝利(芝1800m)、同じくゼロカラノキセキ中京6R・3月1日(土)中京6R 4歳以上500万下(D1400m)にそれぞれ出走します。
 
出資馬が出走する際には、普段であればレースの前後に「出走情報」「出走結果」という形でそれぞれ記事を書いていますが、今週は私ことhakuがディメンシオン観戦ツアー…もとい、私用のため関西に足を運んでおり、それに伴って記事の更新も遅延することになるかと思います。
 
レース後の更新は帰宅してからになると思いますので、最速でも火曜日の夜くらいになるかなあと。
 
楽しみにしてくださっている方には大変申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いします。